やっと出す

こんにちは、千葉県(有美)です。

2月も後半となり北海道はまだ寒い日が続いているかと思いますが、こちらは少しずつ春めいてきてますよ!

先週末は、種類はわからないけど、〇〇桜綺麗に咲いていました。

と、我が家も春の代名詞と言っても良い(私の中では)をお雛様をやっと、やっと出しました。

以前、静岡に住んでいて、東伊豆稲取のつるし雛を見に行き、

とっても素敵で、つるしている数が多く圧巻!これに魅せられ

自分でも作れないものかと、数ヶ月かけて作り、その後に小さいつるし雛も作り飾ってます。

もう、14年くらい前にチクチク縫って作ったつるし雛です。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、大きな方は上から下まで2メートルくらいあります。

ひとつひとつのモチーフを「雛」と呼び、2メートルのつるし雛には、38の個の雛がついています。

モチーフごとに意味があって、私の1番好きなモチーフが「桃」。邪気、悪霊を祓い、延命長寿を願う雛だそうです。

母親が娘にひとつひとつの雛に願いを込めてチクチク縫って作るつるし雛。

いろんな想いをこめて縫ったんでしょうね。そんないわれだそうですよ。

まあ、逆バージョンで娘が母へ、ということで、病気で入院していた3月2日が誕生日の母に、

元気になるよう願いを込めて、私が初めて縫ってみました。

パッと出せてパッと片付けられる!これがつるし雛の良いところ!

なのに、今頃出す私。

大きなお雛様出すのが面倒になる時があるのでね、不精な私には丁度良い。

そんなパッと出せるお雛様、上にも書いた通り、本日、やっと出しました。(汗)

母が元気になるよう願いを込めて作ったお雛様、私の手元に戻ってきてかれこれ13年。

この季節になると「早く出さなきゃ!早く出さなきゃ!」と

ばたばたしながら出して3月2日の母の誕生日と3日の女の子の節句を何気にお祝いします。

とりあえず、出したら出さなかったり、ズーッと出してたり…

どうもならん母親業してる私も去年の暮れに娘を嫁に出す事ができたので

もう!お雛様をだらだらと飾りっぱなしで「片付けなきゃ!」の

強迫観念からは解放されました!

きっと母も安堵している事でしょうね。(笑)

母のこと娘のこと、いろんな願いを込めて飾ってきたこの季節。

やっと、今年からは「私だけ」のお雛様になりそうです。

粉もんシリーズ⑮ おやき

豆が余っている話はしたかと思いますが、小豆も余っちゃっているので思い切って全部あんこにしてしまいました。

作ってしまってから、どうやって食べればいいのかな~と悩んでいましたが、こういう時は粉もんだ、ということで、「おやき」を作ってみることにしました。

なんでかと言われれば、なんとなく簡単そうで、あんこもたっぷり使えそうだからです。

さっそくググって、レシピをチェック。

薄力粉と強力粉を半々に米粉をちょっと混ぜて、お湯で練ります。

適当な固さになったら、ラップで一時間寝かせます。

その後、個数に切り分けれて、丸く成型。くぼみをつけて餡を包み込んでいきます。

形を整えたら、ごま油を薄くひいたフライパンで両面を焼き、水を入れ蓋をして蒸し焼きにします。

なーんか、餃子みたいですね~。今回は餡を入れましたが、肉を入れてもおいしいかもしれません。

皮の感じが餃子そのもの。もう少し焼き、入れた方がよかったかな~

食時の際のBGM。

以前は、ご飯を食べているときも
テレビをつけっぱなしにしていました。

特に見たい番組と食事時間が被るでもなく、
ただ何となくつけていたから、
あえてスイッチを切ることもなく、
そのままに。

でもやっぱりなんか気になる内容だったら
つい見ちゃうじゃないですか?
そうすると、なんとなく
「消化に悪そうだな」とか、
「見るか食べるかどちらかにしたらいいのに」とか
若干イラっとするわけですよ。

で、出た案が、
「夕食時はテレビを消してYouTubeを流す」です。

え?見るのは同じだろ?
いえいえ、この時に流すYouTubeは
音楽限定。

クラシックだったり、吹奏楽だったり、
オペラや、お気に入りのアーティストだったり。
あくまでも音を愉しむ時間。

ラカンパネラだったり、幻想即興曲だったり。
まぁ食べているものは焼き魚とか
切り干し大根など地味系ほっこりおかずなのですけれども。

先日、オペラも良いね、ということで
パヴァロッティの歌うトゥーランドットを聞いていたのですが、
語学に長けているわけではないので、
ぶっちゃけ歌詞の意味は分かりません。

一緒に食事をしていた人が、
「すごく素敵な歌声だけどさ、
この歌詞の意味が、
“隣のおばさんが勝手にうちの庭に入ってきて、
生ってたリンゴをもいでっちゃった”
とかだったら面白いのにね!」
などという、アホなことをつぶやいたので、
口に含んでいたものを吹き出しそうになりました。

音楽のある食事風景、なかなかいいですよ。

今日は「猫の日」

今日は2月22日!

にゃんにゃんにゃんの「猫の日」です!!

 

先週のみんと紙面では、読者さんが送ってくださった

カワイイ猫ちゃんたちのフォトコンテストを掲載しました。

どの猫ちゃんも愛らしくて、審査をしながら癒やされていました。

応募いただいた皆さん、ありがとうございました!!

 

さて、猫といえば、我が家にもいます!

せっかくなので、手前味噌ですがちょこっとご紹介。

 

冬は寒いせいか、よくくっついて寝ています。

とにかくずっと寝ていて、うらやましくなります。

 

 

こちらは3匹一緒。

頭が一直線に並んでいて、団子三兄弟みたいです。

 

猫といえば、物に上によく乗ります。

洗濯物の上とか、ランドセルの上とか、箱の上とか…

こちらは折りたたんだ新聞の上。

何もこんな狭いところにわざわざ座らなくても…と思うのですが。

 

新聞といえば、読んでいるときに、

ちょうど気になる記事の所にピンポイントで載ってくるので、

かなり邪魔です(笑)

 

PCを触っているときも、わざわざ画面の真ん前に陣取って座ったりするので、

仕事がはかどりません(泣)

 

それでも可愛くて…憎めないのが猫。

今日は猫の日なので、ご飯をちょっと豪勢にしようかな。

北海道コンサドーレ札幌、開幕戦まであと6日!

こんばんは!2月3回目の日曜日が終わろうとしています。

昨日は春のような暖かさ、今日はまた冬に戻りました。

こんな感じで少しずつ暖かい日が増えて、春になっていくんですね。

 

金曜日のみんとは猫の特集でした。

読者の皆さんから届いた「我が家の自慢のにゃんこ」ちゃんたちは、

どの子もかわいらしくて、賞を選ぶのがとっても難しかったです。

(榛)と同じく、普段は犬派の私(実は猫アレルギーなんです)ですが、

キュートなにゃんこたちの写真を、目を細めながら眺めていました。

明日は、222(にゃんにゃんにゃん)の猫の日の本番?

もう一度、みんとを眺めてみてくださいね。

 

さて、来週の土曜日、2月27日(土)はJリーグの開幕日です。

北海道が誇る北海道コンサドーレ札幌も開幕戦を迎えます。

いつもはアウェイでの開幕が多いのですが、今年は札幌ドームを舞台に

ホームで開幕戦を迎えます。相手はJリーグのレジェンド、キングカズこと

三浦知良選手と中村俊輔選手のいるFC横浜!

今季の開幕戦は取材に…と思っていたのですが、まだまだコロナウイルスの

状況が厳しくて、札幌までの取材は無理そうなので自宅で応援することに…。

でも、テレビの前で精一杯応援するつもりです。

それに先立ち、現在、北海道コンサドーレ札幌ではポスターサポーター、

「コンサドーレのポスターで北海道を満たそう」を実施中です。

今年も相澤陽介クリエイティブディレクターのデザインでカッコイイ~!

ホームページから2種類のポスターをダウンロードできるので、

ぜひ、印刷してお部屋や会社などに貼ってくださいね。

ダウンロードはこちらから→ココ

 

さ、今年も頑張って応援するぞ~!

 

ホテルローヤル

こんにちは。土曜日、(さ)です。

今日は最高気温5度くらい?

北見にしては、暖かかったですね。

この気温を利用して、数日前から決心していた玄関掃除をしました。

物を全部外に出して、ゴミを掃き出し、要らない雑巾で拭いたら……あースッキリ。

玄関の床を拭くと空気がよくなる気がします。

(気のせいでなく、よくなると思う)

本来は年末にやるべきところ、あまりの寒さにそんな気になれませんでしたわ。

前にテレビかなんかで、これを毎日やってるという人が出てきて

(しかも靴底も拭くという)、よーし、私も!と思ったけど、

いつもの三日坊主でした。はぁ…

三日坊主も癖になりますね。三日坊主癖。

三日坊主でも平気になってきます。

堂々と言うことじゃないね(汗)

***

さて、昨日のみんとに桜木紫乃さんのお写真が載っていました。

AIR・G(エアジー)コーナーです。

ホテルローヤル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、遅ればせながら読みました。

直木賞受賞作「ホテルローヤル」。

釧路湿原のラブホテルを舞台にした7つの短編からなります。

それぞれのお話に登場人物たちがからんでいるという形式、こういうのは好きです。

えーこういうことあるの?と驚いたのが「本日開店」。

アッ、これは小説だから。フィクションフィクションと心を落ち着かせました。

思わず涙がにじんでしまったのが「星を見ていた」。

この話が一番好きで、しばらく次のが読めませんでした。

映画は見ていないので、配信になるのが楽しみです。

* * *

ではでは。穏やかなよい週末でありますように。

リビングに移動してから

こんにちは、千葉(有美)です。

一緒に暮らす息子は音楽の仕事をしています。

そんな息子の部屋は、楽器や音楽機材に溢れ、私がたまたま

鍵盤でも練習してしようかなーと、口にした途端、息子はこれ幸いと若干の邪魔な

ずっと部屋に置いてあった鍵盤をリビングへ、プレゼントしたかのように

お引越しさせてきました。

あれからどれくらい時間が経ったのでしょうか?

私がよく座るソファー、ここに寝転ぶと正面に見える鍵盤…。

このソファーに、座らず寝転びの基本姿勢でスマホを触る私。

音楽検索して「あの曲ってさー、この曲ってさー私でも弾けるかなー」という

息子への問いかけに、息子が鍵盤前に座って、サラっと弾いてみせる。

そして、一言「やる気があれば弾ける曲だよ」。

因みにこの写真は、椎名林檎さんの「丸の内サデステック」をサラッと弾いてくれてる息子の後ろ姿。

もちろん、定位置のソファーから写真を撮る私であります。

さらには、この記事も仲良しのソファーより。

いつになったら弾けるようになるのかしら?

うーん「やる気」の問題らしい…。

北見市ほか1市7町に配布 みんと2月19日(金)号を発行しました

こんにちは、(榛)です。

まずはお知らせ。

昨年は開催中止となってしまったみんとまつり。

このみんとまつりでもいつもかっこいい姿を披露してくれる地元のヒーロー、

鳥戦士ミントリガーが、2月21日(日)放送のNHK「北海道民フカボリサーチ」(13時05分~13時50分)内に登場するそうです!

お時間があればぜひご覧ください!

 

 

2月22日は猫の日。

ということで今週のみんと、特集は「我が家のにゃんこフォトコンテスト」です!

事前に読者から愛猫の写真を募集しました。

猫ちゃんブームは理解していましたが、編集部の予想をはるかに超える

たくさんの応募が届きました。

どの猫ちゃんも本当にかわいくて、そして飼い主さんのコメントにも愛が溢れていて

審査をしていて私たちもとても迷いました。

全部の猫ちゃんを載せられないのが残念ですが、ぜひ紙面をお楽しみください。

 

 

寒いけど春が近づいているのを感じるこの頃。

中面では、ひな祭り企画もありますよ。

私の子どもの頃にはなかった「ひなデコケーキ」が気になります。

イチゴがこれでもか!ってくらい乗ったケーキを独り占めして食べてみたいな~。

 

その他、本橋麻里さんのマリリンコラムやナンバープレイスも。

 

今週末もみんとのご愛読をよろしくお願いいたします。

 

 

最近はまっているドラマは「ウチの娘は彼氏ができない!!」。

岡田健史くん、いいですよね~。

中学聖日記の頃から注目していましたが、いろんな役がこなせる俳優になりましたね。

驚いたのが、川上洋平くんの起用。[Alexandros]のボーカルですよ。

一瞬、ほんの一瞬、flumpoolの山村隆太くんがかつてドラマに出た時のことが

私の脳裏をよぎりましたが・・・。アーティストと言われる方は器用なんですね。

いろいろな表現する方法を持っている、これも才能だと思いました。

私は役者としての山村くん、良かったと思っていますヨ。

 

そしてそして一番気になるのがこのドラマに登場する「たい焼きや おだや」。

こんなお店があったら毎日でも通ってしまいそうです♪

やっぱり食べ物~。花より団子ですみません(笑)。

ストーリーは、空の出生の秘密が気になるところ。来週も楽しみです。

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近代洋画の挑戦-新しい表現を求めて- 北見文化センター美術展

いや~、いまどきの雨もやなもんですね~(ロコも負けちゃうし)。

また、寒くなって路面がテカテカになるだろうし。コロナもあって最近外出も減っているので天気が悪いと落ち込みますね~。

という方にお勧めのイベントがあります(わざとらしい)。

タイトルに書いちゃってますが、いま、北網圏北見文化センター(北見市公園町1番地)では「近代洋画の挑戦-新しい表現を求めて-」が開催中です。

この展覧会は、公益社団法人糖業協会のコレクションを元にしたもので、明治以来、西洋絵画の画法を模索している時期のものになります。

とは言っても、梅原龍三郎や、安井曾太郎、東郷精児などびっくりする名前も出てきます。小品が多いのですけど、42人の様々な表現方法、技法がみられて面白い展覧会になっていると思います。

私もビックネームの大作が並べてあるものもいいんですけど、いろいろな作家の表現を見比べる美術展の方が楽しいと思います。

実は、先週12日のみんとの「オホーツクで輝く女性たち」に登場した、松浦葵さんの携わった展覧会です。もしかしたら会場にいるかもしれませんので、ぜひ見に行ってみてください。

3月7日(日)まで開催中です。

一般は700円(70歳以上200円)。これだけたくさんの洋画家の作品はなかなか見られないと思います

 

, ,

新規開拓。

コロナ禍の自粛で
あまり外食しなくなりましたが、
それでも気になるお店は存在します。

(柊)の家の近所は、
徒歩10分圏内にミシュランの☆を獲得したお店があったり、
いろいろなジャンルの飲食店が多数存在しているのですが、
中々勇気が出なくてドアを開けられずにいます。

先日、飲食店で使えるポイントが、
まもなく期限を迎えることに気が付いて、
せっかくならこれまで行ったことのないお店にしよう!と
WEBで予約しランチでお邪魔しました。

これが「なんで今まで来なかったんだろう」と
後悔するほど、雰囲気ヨシ、味ヨシ!のおみせでした。
使っている調味料のことを質問したら快く教えてくださったり。

また来たいなぁと思えるお店でした。

で、お席が厚手のロールスクリーンで仕切られていたのですが、
布製であったので、お隣りの席の方たちの会話が聞こえてきたのです。
どうやらマッチングアプリで出会って、
今日、はじめて実際にお会いしたご様子。

聞き耳を立てていたわけではないのですが、
おふたりの会話が盛り上がっていて、聞こえてくる感じで。

話しの内容から、男性は医大に通う学生さんで道外のご出身、
女性は少し年上で会社員でお住まいもご出身も道内のよう。

初対面でこんなに話が盛り上がるなんてすごいなぁ、
他人事ながら、上手くいけばいいなぁ、と思った出来事なのでした。