そろそろ確定申告の準備を…

こんばんは。

帰宅したら、税務署から「確定申告のお知らせ」が届いていました。

すっかり忘れていましたが(汗)

約1カ月後に受付開始ですね。

 

確定申告の準備は正直面倒ではありますが、

これのおかげで、1年を振り返ることができます。

去年は頑張って働いたなぁ~とか、

医療費が嵩んで家族が健康でいることがどんなに大切かとか…。

 

とはいえ、例年だと割とこまめに領収書をまとめたりしているのですが、

昨年は何かとバタバタしていて、書類を貯め込んだままなので、

感慨にふける暇もないかもしれません。

次の土日はちょっと気合を入れて、書類を整理しようと思います。

高知のおいしいもの

コミュニティプラザ パラボで定期的に開催されている物産展。

全国のおいしいものが集まるので、毎回楽しみにしています。

 

先日、高知の物産展が近々開催されるというのを何かで見て、

行こうと思っていたのですが、残念ながらコロナの影響で中止に。

ですが、地下の食品売り場でミニ高知フェアが開催されていました!

 

せっかくなので、アイスクリームとポン酢を購入。

柑橘系を使ったものは大好きで、毎回何かしらをチョイスしています。

これからいただくのが楽しみです♪

 

ミニ高知フェアは明日、18日(月)まで開催されているそうですので、

ぜひ行ってみてください。

 

入試で一番大事なことは…?

こんにちは。土曜日、(さ)です。

今日は大学入学共通テスト1日目だったんですね。

北見はいいお天気で、気温もプラス5度台。

20分×2回、気持ちよく雪除け仕事しました。

ところが、稚内は猛吹雪で、

中止→延期になった会場もあるそうですよ。

わが家はもう絡んでいませんが、入試は一大事。

家族も含めて気がもめますよね。

特に今年はコロナなので…。

入試で一番大切なことは?

それは遅刻しないことだと思います!

私は何十年前の入試初日に寝坊して遅刻。

すでに一浪していて、姉とアパートで2人暮らしだったんだけど、

姉(多分、働いていていたはず)も寝坊したのか?

よく覚えていません。

会場は北大農学部でした。

地下鉄12条の駅から全力疾走。

なぜか下見も行っていなくて、

「農学部ってどこですかー!?」と

構内に立っていた係の人に聞きながら

教室に飛び込みました。

20分遅れくらいで、入室許可してもらえてラッキーでした。

科目は英語でしたけど、しばらくは呼吸を整えるのに必死でした。

ホント、あの時のドキドキは忘れられません。

夢だったんじゃないかと思うほど。

今じゃ当時からは考えられないほど心配症になっちゃってますから、

目覚まし時計以外に、誰か複数の人にモーニングコールを頼んだりすると思う。

* * *

昨年7月に三浦春馬くんが亡くなってから、

春馬くんの出ている映画やドラマをネット配信で

いろいろ見ています。

(一番がんばってみたのは「ブラッディ・マンディ」の1と2)

「殺人偏差値70」というテレビドラマ作品も見ました。

浪人生(2浪だったかな)の主人公(春馬くん)。

東大受験の朝、目覚まし時計が鳴らなくて…。

試験開始まであと10分。

急いで試験会場へ向かうが、間に合わない…

という怖い話。

春馬くんの演技力に、引き込まれました。

自分も経験あるだけに…!

西村京太郎の小説「受験地獄」(1979年)が原作で、

テレビドラマになったのは2度目。

1度目は1982年の火曜サスペンス劇場。

太川陽介主演「受験地獄・その朝めざまし時計が鳴らなかった」だそうです。

春馬くんの「殺人偏差値70」は2014年放映で、

共演は城田優、瀧本美織、栗山千明、高橋克実ほか。

私はフール―で見たんだったかな?

興味のある方は探してみてね♪

受験生の皆さん、遅刻さえしなければ大丈夫だからね!

 

 

冬の夕暮れ

 

 

 

 

 

 

 

 

【北見の夕空】

 

北見市ほか1市7町に配布 みんと1月15日(金)号を発行しました

こんにちは、(榛)です。

1月も半分過ぎますね。

 

今週もみんとを無事、発行しました。

今週は、「満月にお財布フリフリ 金運アップのおまじない」と題して

お財布フリフリの方法と、2021年の満月カレンダーを掲載しています。

1月の満月は29日(金)4時16分です。

朝起きたら忘れずにお財布フリフリして、みんなでお金持ちになりましょう~(笑)

 

 

 

 

北見ひまわり石鹸

 

 

 

 

 

 

 

さて、今週記事でご紹介した「北見ひまわり石鹸」。

こちらは12月18日号「みんとりっぷ」でも特集したおんねゆ温泉郷のひとつ、

「塩別つるつる温泉」でも購入ができます。

温泉で使ってもいいし、もちろん自宅用にお土産にしても良いかも。

天然由来の石鹸は肌に優しいですよね。

寒い日はお風呂でからだを温めて、それからキンキンに冷えたビールを飲む!

冬の醍醐味ですね!(私だけ?)

 

商品についての問い合わせは

(株)イソップアグリシステム 北見市北見市小泉386-3 ℡0157-26-1000

壬生菜

こんにちは、千葉(有美)です。

また、厳しく自粛生活が始まりました。いや、厳しくなくとも

以前から続いていたんですよね。

私も含めて気が緩んだ結果なのでしょうか…

個々にいろんな解釈があってどうしたものか…

さて、そんな「ステイホーム」な生活となると、自宅にてご飯作りが盛んになります。

そこで、最近、私がハマってる野菜を紹介します。

「壬生菜」聞いたことありますか?

京野菜の一種でこの冬が旬です。

カロテン、ビタミンCも豊富でミネラルバランスもとても良いとされています。

水菜よりも食感が良く、シャキシャキしているので、さっと茹でてナムルにして食べるのがオススメ。

簡単で食感も楽しめて、ぜひ、食べてもらいたいけど、あまり見かけないのが難点…。

ですが、もし見つけたら、ナムルやお浸し、炒め物、サラダなど、
癖がないのでどんなお料理にも使えます、ぜひ、見つかって欲しいな!

粉もんシリーズ⑬ カレーパン

好評をいただいている(?)粉もんシリーズも大きな危機を迎えていました。

オホーツク産の小麦粉でいろいろなものを作ってみようと始めたものですが、できるだけ簡単なものをいままでチョイスしてきました。けれども、12回も回を重ねるとさすがにネタ切れです。いよいよ手間がかかって奥が深そうな(入ると戻ってこれなそうな)、パン作りに手を付けなければならないところまで追い込まれてしまいました。

実はもう何回かチャレンジはしていたんです。しかし、うまく膨らまないし、なんとか形になっても、うちにはトースターしかないのでうまく焼けません。焦がしたり、小さくてやけに固いパン(でも食べるとおいしいのですが・・・)しかできませんでした。

なんとかアンパンマンや食パンマンのようにふっくらしたパンが焼きたい。どうしたらいいのだろう。んっ!? アンパンマン?  いや、もう一人いたな。そう、カレーパンマン!!

カレーパンなら焼かずに揚げるのでなんとかなるのでは? ということでさっそく今回、チャレンジしてみました。

結果はこれ。

出来上がったカレーパン。味はなんとかカレーパン、でした。

ちょっと何揚げたのかわからないものになってしまいました。

だいたい揚げるとは言っても、パンはパン。しっかりこねなくてはなりません。まとまるまで1時間もかかりました。

発酵もしっかり。生地に作っておいたカレーを包み、あとはカツを作る要領で油で揚げるのですが、低温でじっくり上げなければならなかったようです。また、包んでからの二次発酵が甘いせいかとちょっと皮が固い。また、へたすると揚げているうちに割れてしまうようです。

まったくカレーパンを甘く考えていました。いつもおいしいカレーパンを提供してくれるパン屋さんに脱帽です。でも、逆に闘志が湧きました。これを機会にまた再挑戦してみたいと思います。

<参考>

↓「完全感覚ベイカー」さんのユーチューブチャンネルを参考にさせてもらいました。

https://www.youtube.com/watch?v=-qCJPWXzSiU&t=110s

手足の冷え改善に効果的なもの。

みなさまこんにちは。
平熱35.6の(柊)です。

コロナ禍の今、ありとあらゆるところに設置してある体温計で、
体温が低すぎて計測不可で、
いろんな部位にピッピ、ピッピ当てられ直す(柊)です。

大昔、知り合いの看護師さんに
「ほっそい血管ねぇ。
血圧も低いし、生きてんの?」と
暴言を吐かれたことがあるくらい血流が活発でないことも原因の一つらしいです。

まぁもうこれで半世紀以上生きてきていますので、
体温が低いことは苦ではないのですが、
流石に真冬は手足が冷えてどうにもならなくて、
昼間も手湯、足湯をしています。

積極的にショウガを取り入れてみたり、
シャワーではなくきちんと湯舟に浸かったり、
腹巻を愛用してみたり、
適度に身体を動かしてみたりと
出来ることは取り入れていますが、
一向に改善される様子はありません。

どなたか、これいいよ!という
冷え改善・対策がありましたら
ぜひともご教示ください!

北見市役所の新庁舎

こんばんは!夜遅の更新です。

今月4日、北見市役所の新庁舎がオープンしました。

さすが、新しいだけあって、明るくて広くてキレイです。

一階には、さまざまな手続きができる窓口がズラリ。

ちょっと一休みできるスペースや、お子さんを遊ばせる場所も。

2階の窓際に座って外を眺めるのも良さそうです。

 

どうせなら、気の利いたカフェでもあったらいいのに…なんて、贅沢かな?

そうしたら、用事がなくてもいくのに〜(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、ちょうど看板がついたところです。

変わることを恐れないで前に進む

こんばんは!1月2回目の日曜は、3連休の中日です。

明日は成人の日。遠い昔、私も振袖を着たっけ…(当時は1/15)。

本来なら今日・明日で成人式が行われる予定でしたが、

このコロナ禍で中止や延期の所が多いようです。

一生に一度の晴れの日を祝えないのは、やはりさみしいですね。

そこで、編集部からささやかなお祝いを…。

新成人のみなさん、おめでとうございます!ステキな大人になってね!

 

 

8日のみんとでは、毎年新年号に掲載していた「ユリアの星占い」を毎週掲載中の

西洋占星術研究家のユリアさんによる「2021年の展望」をお送りしました。

 

この取材は私が担当していて、毎年直接お会いしてお話を伺うのですが、

今年は札幌へ行くことができず、リモートでの取材でした。

今回の記事の中で印象に残っている言葉があります。

それは「時代の変化を嘆くことなく、人と比べることはせず…」の部分。

記事にもありましたが、今年のキーワードは「変わる」です。

今、時代が急速に変化しています。

どんなふうに変わるのか…期待と不安が入り混じっていることでしょう。

そんな中でも、自分というものをしっかり持って前へ進むことが

未来への扉を開ける希望につながる…というユリアさんからのメッセージ。

このコロナ禍を言い訳にしないで、投げやりにならず、

変わることを恐れないで、前を向いて進めなければ…と改めて思いました。

いつもいつもユリアさんの言葉には、勇気と元気を頂いています。

本当にありがとうございます。

 

さ、また新しい一週間が始まります。前を向かなくちゃね。

 

 

ある日の北見の青空です。

雲一つなく、まるで色見本のよう。

 

日本古来の食事マナー

こんにちは。土曜日(さ)です。

北見も大雪になりました。

一夜明けて、晴天。

雪かきお疲れ様です!

私は昨日、2回目の雪かきが終わったら、頭痛がしてきました。

お風呂に入ったりして、やっとマシに。

雪かきをやると、気分的には暑いんだけど、身体は冷えきっているのではないかな。

がんばりすぎないよう気を付けましょうね。

* * *

昨日発行の「みんと」の2ページ、「みんとのひとりごと拡大版」で、

手話について書きました。

手話は唾が飛ばないから、コロナの時代に安全で便利なのでは?ということ。

そこで思い出したのは、子供の頃のこと。

晩御飯の最中に歌を歌ったら、親にめっちゃ叱られた思い出。

楽しいから歌ったのに、歌って楽しいのに、何で叱るんだ、と

面白くない気持ちになりましたが、今なら分かります(えっ?今ごろ)。

食事のマナーに違反してるからです!

「口に物を入れたまま話をしてはいけない」

耳にタコができるほど言われましたよね。

食べ物が口に入ると、消化のために唾液が分泌されます。

その状態で話をすると、たくさんの唾が、

同席している相手や料理に飛んでしまうわけです。

特に大声になると唾も遠くにたくさん飛びます。

歌うなんてもってのほか!

(でも、これを大声で叱るのも飛沫が…)

日本は高温多湿でカビや食中毒が発生しやすい風土。

さらに、昔は伝染病のワクチンも特効薬もありませんでした。

そういう時代に病気を蔓延させない生活の知恵が

マナーとなって受け継がれてきたのでしょう。

唾以外にも、命に関わる誤嚥の心配もあります。

他にも、箸のマナーもいろいろありますよね。

直箸をしない、取り箸を使う、迷い箸はしない、

箸と箸で食べ物を渡す合わせ箸をしない、などなど。

旅館の会席料理だと、一人ずつのお膳に1人ずつの食器が載っていたりします。

(「載って」は×、「乗って」ですね)

他人のグラスからそのまま口を付けて飲むのも違反ですよね。

食事の場はしつけの場だったわけです。

ところが、いつからか、

「食事は会話をしながら楽しく」

「食事中はテレビを消して家族で会話を」

なんて言われるようになりました。

いったん、そうなった生活習慣を、また昔のマナーに戻すのは大変。

だけど、コロナ対策で、またやらないとね。

学校給食の場では、先生も児童さんたちも神経を使って、

さぞ頑張っていることと思います。

本当にお疲れ様です!

 

福茶のケーキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、久々にひかりの方面に車を走らせ、

「おかしの家・福茶」さん前を通りかかりました。

北見市春光町、創業71年の老舗です。

庶民的なたたずまい。でも、中に入るとジャズが流れています。

美味しい。でも、庶民的なお値段。

今回は「カシスディジョン」というカシスのケーキ(写真手前)が美味しかった♪

篠根農園さんのカシス(黒スグリ)だそうです。

雪かき(肉体労働)シーズンは、スイーツも遠慮なくいただきます!