交響曲第九番


金曜担当、言の葉ミニレッスン&漢字クイズの(さ)です。

今日はクリスマスイブ。

北見は昨日の大雪で、すっかりホワイトクリスマス!

(雪かき、大変でしたよね~。お疲れさま)

今日の北見は昨日と一転、青空の見える穏やかな天候です。

つりー

実は、写真は数日前に撮ったもの。

わが家が勝手に「緑園通りのクリスマスツリー」と呼んでいるものです。

今日はもっと重たい雪が木に積もっています。

かーど

先日、東京にいる娘からカードが届きました。

北見のわが家、父母2人でクリスマスムードに

なっているはずはないと思うので

こんなもの送ってみます。

たまには2人でディナーなどなど…行ってきては?

だそうです。

父母にクリスマスムードになってほしいのが娘心なのかな~?

でも、ディナーはステキ。採用したい♪

話変わって、みんと本日(12/24)号でも発表しましたが、

12/9号で出題したバラバラ漢字クイズの答えは

「交響曲第九番」でした。

「第九交響曲」や単に「第九」と言われることもあります。

この曲は合唱「歓喜の歌(喜びの歌)」で盛り上がりますね。

ここで、読者のお便りを1通ご紹介。

暮れになると友人から「今年もカーペンターの時期になったね」と電話があります。

今年も留守電に入っていました。

私は「そうそう大工が巷から流れているね」と返答します。

第九=大工=カーペンターというわけで…。(北見市/Sさん)

毎年シャレを言い合う仲良しがいるなんて…すばらしい!

年末ということで、漢字クイズでは、

このベートーベン「交響曲第九番」を頭に描いていましたが、

同じ題名でほかの作曲家によるものも、もちろん多数あります。

たとえばドボルザークの「交響曲第九番」は「新世界より」という副題がついており、

こちらも人々に愛されていますね。

大作曲家の「第九」聞き比べも面白いかも♪

では、皆さん楽しいクリスマスイブを