Archive for 1月 17th, 2011

B級グルメせんべい汁

あちこちで大雪が降る中、今日も洗濯日和の地、

静岡に住む(有美)でございます。

さて、本日はちょっと我が家のご飯を紹介します。

こう毎日毎日寒いと(こう言うと、(ぷう)に怒られますが…)、

我が家の食卓によくあがるものが具材が豊富な汁物。

定番の豚汁は基より、あら汁やすいとんなど、あとちょっとおかずを作ればいいや!的な

汁物が多くなります(手抜きとも言う)。

と、いうことで本日の食卓にはコレ!

青森県八戸市の「せんべい汁」。B級グルメの大会でも毎年上位のお料理です。

(ぷう)の日記にも書いてありましたが、去年の秋に恐山へ行き、

山ほど、せんべい汁用のせんべいを購入してきました。

それをちょいちょい食卓に出してはホッ♪温まっております。

鶏肉、ごぼう、にんじん、大根、こんにゃく、白菜などなどのしょう油ベースのお汁です。

これに、せんべいを割りいれ5分ほどことこと煮ればできあがりです。

せんべ汁に入れる、せんべいは、南部せんべい。といっても、東方南部地方の

南部せんべい(ゴマ&ピーナッツ)の菓子用ではなく、汁物用に作られた味をつけて

いないものを使います。

まぁ、小麦粉で作られたおせんべいなので、すいとんとあまり変わらないかもしれませんね。

そうはいっても、しょう油&ごぼうを使ったお汁は、とってもおいしくて私にとってのご馳走!

と、他県のグルメを紹介していますが、私の住む富士宮もB級グルメで

だいぶ知られる存在になりました。

ご存知でしょうかね~「富士宮焼きそば」。第一回B級グルメで優勝し、昨年より

殿堂入りしたとかしないとか…なので、もう順位はついてまわりません。

だからなのか、さきほどテレビのローカルニュースで焼きそばに続くグルメ「ギョーTHE 鱒」を

今日、お披露目したとか…。ここ富士宮は鱒の養殖にも力を入れていて、なにやらこの

お料理は、お茶の葉を練りこんだ皮に、鱒の魚肉であんを作った餃子らしいです。

怪しい感じがすでに漂っていますが、私の口に入る日が来たら、改めて紹介したいと思います。

と、いうことでご当地グルメは各地でいろいろと開発されていますが、北見の塩焼きそばは

昨年のB級グルメでいいとこまでいってましたね~。初参戦でここまでやるか~!と

鼻高々♪   でも、私はまだ食べたことがない…今度、北見に帰ったときの楽しみにしておこう!

指あみでマフラーとシュシュ

こんばんは。

月曜日担当の(みぃ)です。

すっかり書き込みが遅くなってしまいましたcoldsweats02

 

長かった冬休みもようやく終わりですね。

一日中賑やかだった我が家も、明日からは静かになりそうです。

この冬休み、娘たちがはまっていたのが「指あみ」。

かぎ針などを使わずに、自分の指を棒代わりにして編み物をするのですが、

とっても簡単で幼稚園児でも編めてしまうお手軽さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、小1の娘が幼稚園時代に作ったものを真似て作ったマフラー。

指あみで1.5mほど編んだものを三つ編みにして最後にポンポンを付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらの写真は幼稚園児の娘が作ったシュシュ。

20cmほどの指あみをただ輪っかにしただけですが、使用した毛糸がふわふわだったので、

これだけで十分かわいく仕上がりました。

このシュシュだと15分ぐらいでできてしまいます。

 

どちらも、ほぼ子供の力でできるので、親はちょっと手助けするだけ。

工夫次第でエコたわしやバッグなどもできそうです。

指先を動かす作業は脳にも良さそうだし、冬の工作にはピッタリ。

もちろん、小1の娘はこれを冬休みの自由工作にしましたhappy01

作り方は、ネットで「指あみ」で検索すれば簡単に見つかりますよnote

あたらしい みかんのむきかた

みかんのむきかたに挑戦している(じ)です。

わたしにとっては、ターバン野口以来のインパクトだったんですけど・・・

先日、書店へ走りcar

「あたらしいみかんのむきかた」を買ってきました。

まずは本のはじめに載っている「うさぎ」に挑戦。

「うさぎ」にむいたよ。片耳がちぎれちゃった

 

あれれsweat02

あまりうまくむけなかったsad

問題は、むいたみかんを誰が食べるのかってことだけど・・・(もちろん、夫が食べる)

それに今年のみかんは値が高いannoy

 

この本の著者、岡田好弘さんはなんと札幌在住なんですって。