Archive for 1月 20th, 2011

牡蠣の山見て幸せ感じる!

 昨日をもちまして「永遠の36歳」と家族に宣言いたしました(有美)でございます。
と、書くとまたもや(ぷう)に怒られそうですが…

 そう、昨日は私の誕生日でした。新年はとうに迎えていましたが、これが私の
本当の新しい年の幕開けです!

 年をとるのはあまり嬉しくないのですが、これまで家族円満?家族元気に、
これたのも人の支えあってのこと。感謝感謝の誕生日です。

 年のことはそう触れずにこの日の一番の楽しみは~

そう!「牡蠣!」

ここ数年、夫が誕生日プレゼントに「サロマ湖産の牡蠣」をお取り寄せして
くれるんですね~。(牡蠣の他に、先日どこかに落としてきた帽子とうり二つのニット帽、
マフラーもプレゼントしてくました。ポイントアップです!)

 牡蠣はね~こちらでももちろん買えますよ~広島産とか宮城産とかね~
でも、食べ比べるとやっぱりサロマ湖産が一番!小ぶりなんだけれど旨みが
ギュギュギュ~~~~ッとつまっていて文句無しのおいしさ♪
生も好きですが、やっぱりガンガンに入った牡蠣ね~お酒をふってそのまま火に
かけて酒蒸しよね~~♪
これにビールなんか一緒にね~。(あぁ、また食べたくなってきた…)

 そしてラッキーなことにうちの家族、牡蠣あまり好んでは食べない人ばかり。
なのでゆっくりと味わって食べることができるのです…数年前までは…

そう、1人だけ…小学生の息子だけは私に似たのか牡蠣好き…
内心、小学生の分際で10年早~~い!と思いつつ、彼とだけは競って
食べています。もたもたしていたら無くなりますからね!とはいえ、
もちろん貝から身をはずす熟練した技は私の方が断然上!

 そんな大好きな牡蠣と並んで好きなものが「赤飯」。何が悲しくて
自分の誕生日に自分で赤飯蒸しているのだろうか?と思うのですが
赤飯は昔から誕生日にはつきもので、子供の頃から母に「誕生日に何食べたい?」と
聞かれると、必ず「赤飯」をリクエストしていたものです。もちろん小豆のね!
母の作る赤飯は東北出身のせいかいつも甘納豆なのですが、私の誕生日の赤飯だけは
必ず小豆で作ってくれたものです。思い出のお料理のひとつというんでしょうかね。
ちなみに弟たちの誕生日リクエストはいつも「カレーライス!」
何がどうおめでたいんだか、普段の食事と変わらないじゃない!(笑)と、兄弟で
誕生日の話になるといつもそんな話題がのぼります。

 と、いうことで、

牡蠣の酒蒸しをこうしていただき・・・・・

こうなるわけです。

そして、食べた後の牡蠣の山を眺めながら幸せを噛みしめる私なのです~(満腹)♪

みんと1月20日(木)号を発行しました

ついに昨日、流氷初日を迎えましたねnote
北海道新聞北見支社報道部の北波記者による、流氷の空撮写真に
いよいよ冬本番の意識を高めました。
やっぱり来るものが来なくては、オホーツク観光の冬は始まりません。

さて、本日1月20日(木)号を発行しました。
読者の人気高い「パズルタイム」を掲載しています。お楽しみください。
また、高間早紀子さんによるフラワーアレンジメントのコーナー
「シネマランドスケープ」も表紙面に掲載。
毎回、高間さんの豊かな発想に感心します。詳しくは紙面で!

DSCF0152