サケの街からこんにちは


 

 

たくさん書いたのに、最後のボタンを間違えて、いつもいつも消えてしまう(なお)です。

どうしてどうして〜!?

どこを押すんだっけ〜?

 

というわけで、2度目の書き込みです(泣)

 

このところはいいお天気の千歳。

週末は息子とパパがいなかったので、のんびり歩いて買い物にでかけてみました。

駅まで約20分のみちのり。

途中には千歳川が流れています。

冬の千歳川

夕日がキレイですね〜。

 

ここはサケも遡上してくるほどキレイshineな川です。

街中を流れているのにすごいですよね〜。

近くにはインディアン水車もありまして

インディアン水車

私は観光用だと思っていたら、“マジ漁”でしたwink

道の駅や、川底を覗けるコーナーもある「サケのふるさと館」なども隣接していますよ。

 

また、支笏湖に行く途中にある「さけますセンター」では、ふ化場や生態調査を行っている施設、展示館などもあります。

ここがなかなかおもしろいんですよー。

上から除ける水槽に、ど迫力のサケ(デカイ!)が泳いでいたり、こーんなリアルな

さけ模型1

ガブッ

さけ模型2

模型もあります。

重さもリアルsign03

 

ひとつ、豆知識を

千歳にさけますのふ化放流を広めた人物が『しょこたん』こと中川翔子さんのひいおじいちゃん。

なんでも、日本に初めて養殖技術を持ち込んだ方でもあるそうです。

意外なご縁ですね。

しょこたんも、北海道に来た際には必ず千歳に立ち寄り、「サケのふるさと館」にも足を運ぶそう。

写真やサインもありましたよ。

美味しい鮭を食べられるのも、この方のおかげでございます。

 

サケの生態はまだまだ謎が多いそうですが、調べてみるとなかなかおもしろいんです。

サケにはロマンすら感じてしまいますよ〜。

みなさまも、千歳に起こしの際にはぜひサケのお勉強もしてみて下さいね。