結婚披露宴に行ってきました。


先日、親戚(新郎)の結婚披露宴が札幌であり、参加してきました。

30代も後半になると、結婚の案内をもらうことも少なくなり、久しぶりの披露宴。しばらくぶりに礼服を出しみると、ウエストがきつくなっておりました。北見に来てから車ばかりの生活。気付かないようにしていたけど、やっぱり太ったなぁ~と実感。

午後の披露宴なので朝のJRで当日移動。雪での遅れを心配しましたが、時間通りに札幌駅に到着。会場のホテルに向かいました。

会場に行くと、会費は 15,000円也。10年ほど前の自分の披露宴では、12,000円でも「ちょっと高いね!」と友人に言われましたが、会費制もどこまでいくのでしょう。いつかは招待制と変わらなくなるのでは?

あと、会費制の披露宴ながら、発起人などはいないスタイルは、最近多いのでしょうか?合理的で良いと思うのですが、自分の時は、「自分達で招待して、会費を集めることを『失礼』と感じる人がいますよ!」などとホテルの人に言われ、友人に無理やり世話人になってもらい、世話人名で案内状をだしたことなどを思い出しました。

さて、肝心の披露宴です。幼い頃、かわいい男の子だった新郎も、30歳を過ぎ、恰幅のいい別人のような姿になっていましたが、人柄は昔同様で、アットホームで素敵な披露宴でした。

ちなみに、親戚の実家は水産関係の会社なのですが、披露宴の最中に「まぐろの解体ショー」があり、大変美味しいマグロの握りを食べることができました。普通の人にはなかなかできない演出ですが、盛り上がるし、握りも好評でした。オススメです。

久しぶりに参加した結婚披露宴。ただ新郎、新婦のお祝いというだけでなく、しばらく会っていない人と会えたり、最近の結婚トレンドが分かったり、美味しい料理を食べたりと、非常に有意義な一日でした。