手帳のお話


暖かだったお休みももうすぐ終わり…

各地で冬のイベントが行われていますが、お出掛けにはぴったりでしたね。

北見や網走の冬のイベントは10日あたりからなので、雪像が崩れない程度に暖かいといいですね。

そろそろ夕食の時間。テレビを観ながら家族団らん?

「ちびまるこちゃん」や「サザエさん」を観ると、

「明日からまた頑張らなくちゃ~」って思います。

 

今日は私の使っている手帳について…

最近、手帳が注目ですよね。みんと編集部でも時々話題になります。

スタッフは、それぞれの個性にあった手帳を見つけ出して使っているようです。

私もその中の一人ですが、今年はこの2冊を使っています。

1冊は、西洋占星術の鏡リュウジさんの「Sun&Moon Diary 2011」。

そして、もう1冊はとっても簡単なカレンダー式の薄い手帳。

「Sun&Moon Diary 2011」は、月ごとの星の運行がホロスコープになっているほか

星座別の運勢やその月のラッキーポイント、重要な日のアドバイスなどが書かれてあります。

もちろん、新月・満月などの月の運行表もあって、みんとのブログの横でつぶやいてくださっている

ユリア先生のアドバイスと合わせて毎日の参考にしています。

これがあれば、毎月の「新月の願い事」も忘れずにできるので、私の強い味方です。

先日の3日の新月のお願いはね…ナイショです。