おんねゆ温泉 その2


こんにちは~

降りましたね~北見は30センチくらい積もったかな?

雪かきで体が痛い・・・という方も多いかな?

ちなみに我が家は夫が担当なので、私はのんびり眺めています。

 

「いつも元気!」が売り?のわたくし、(ぷう)ですが、鬼の霍乱?(自ら言う?)なのか、

先週の中くらいから体調をくずして、この3連休は家から一歩も出ていません。

ゆっくり寝たおかげで回復しつつありますが、偏頭痛と肩こりがひどくて肩に何かが乗っているよう・・・

風邪の一種だとは思うのですが、なんだかなぁ~。

前の日記でも(榛)が風邪気味と書いてありましたが、大丈夫かしら~

皆さんもお気をつけくださいね。

 

さて、今日は(榛)に続いて「おんねゆ温泉」のお話の続きを・・・

道の駅おんねゆ温泉の後は、ホテルを2軒回りました。

「温根湯ホテル 四季平安の館」さんでは、「大江戸 人情芝居」が観劇できます。

2月は「劇団 新(あらた)」で座長の新さんは、なんと18歳の美少年!とのこと。

残念ながら、お伺いしたのが平日の昼間だったので、実際にお会いできませんでしたが、

担当の方は、「華奢でステキな美少年ですよ~」。

「美少年」と聞いて私と(榛)の眉毛が、ピクリとなったのは、言うまでもありません。

土日の昼間、12時からは、宿泊者以外でも観劇料(1050円~、温泉入浴付き)を払えば見ることができるので、

興味のある方は、ぜひぜひ、行ってみてくださいね。

【温根湯ホテル 四季平安の館】北見市留辺蘂町温根湯温泉、0157-45-2111、

日帰り入浴/13時~20時、大人600円、子ども300円

 

そして、このホテルの直営の「豚まん」のお店が「ボナ・ペティ」。

記事にも書きましたが、オススメは3月末までの限定品、

クリームシチュー&チーズの「白ボナまん」。

「豚まんにシチュー?」と思いますが、これが本当においしい!

取材にうかがう前に、福寿草さんで「塩焼きそば」を食べて、お腹いっぱいだったのですが、

担当の方にすすめられて「白ボナ」を試食・・・ペロっと食べてしまいました(笑)。

ホワイトソースとちょっと甘めの皮の相性がバツグン!お腹が空いていれば2つはいけますね(笑)

これは、イタリアンソースの入った「ボナ・ペティまん」、通称「ボナまん」。

これも大き目のベーコンやマッシュルームなどの具ととろけたチーズがたまらない一品です。

どれもおいしので、ぜひぜひ行ってみてくださいね。

とはいえ、このお店「三坪長屋」という工事用の建物?っぽいところにあるので、

見逃してしまうかも・・・橋の工事現場の近くを探してみてくださいね。

【Bon appetit】北見市留辺蘂町温根湯温泉、営業時間/11時~17時(売切れ次第終了)、

月・木定休。予約・問い合わせは、温根湯ホテルへ。

 

 

次に行ったのは、「大江本家」さん。

明るいロビーに入ると出迎えてくれたのは、今週の「うちの子」にもなっているボクちゃん!

ルリコンゴウインコで42歳・・・人間に換算すると90歳以上だそうです。

体長は1メートル近く、その大きさにびっくり!

飼育係りの方が呼ぶとゆっくりとゲージから出てきて、写真に納まってくれました。

ちなみのボクちゃんは、大江本家の一番古株の従業員さんなんだそうです(笑)。

大江本家さんは、愛犬(小型犬)と一緒に泊まれるホテルとして有名です。

夏には近くにドッグ・ランもオープンします。

また、日帰り入浴とラーメンで1000円というお得なセットもあって、こちらは昼も夜も利用できます。

お部屋が使える日帰りプランもあるので、泊まれないけど温泉でゆっくりしたいという方にはオススメですよ~。

 

【大江本家】北見市留辺蘂町温根湯温泉、0157-45-2711、日帰り入浴/13時~20時、

大人600円、子ども300円、貸しタオル(バス&フェイスタオル)200円