みんとのレシピについて


おだやかな日曜の午後です。

今日は、先日注文したお気に入りのバンド「C.N.BLUE」のライブDVDが届き

それをBGMにノリノリの(ぷう)です。ヨンファもいいけど、やっぱりジョンシンがカワイイ~!

ああぁ~、先月の名古屋のライブを思い出すわ~。また行きた~い!

 

 

おっと、冒頭から話がずれましたが、今日はみんとのレシピについての裏話を・・・。

2月10日(金)号のフロントは、「ギョーザ鍋」の特集でした。

スープごと食べる野菜たっぷり「スープギョーザ鍋」とあっさり味の「ネギ塩ギョーザ鍋」。

寒い季節にぴったりの、二つのお鍋、もうお試しいただけましたか?

みんとでレシピを紹介する時の基本は「手軽で簡単、おいしい!」の3つです

手軽=身近にある材料でなるべく安く

簡単=料理初心者でもつくれるようなて手順で

おいしい=もちろん、これが一番大切!

 

 

では、どううやって記事をつくるのか・・・

まずは、定期的に行われる編集会議で、毎週号のフロント企画を決めます。

その中で季節や行事にあった料理を決め、のトレンドなどを取り入れながらメニュー決定。

編集部のメンバーは全員主婦なので、普段の自分の経験なども踏まえて

「あ~でない、こ~でもない」と意見を出し合います。

そうして大体のメニューを決め、レシピ&制作担当の(有美)に連絡。

大体のことを伝え、あとは彼女におまかせします。

(有美)は、編集部の中でも一番の料理上手&写真上手!

いつも想像以上の出来上がりとなり、みなさんにお届けしているのです。

 

今年の元旦号の「アレンジレシピ」では、

「栗きんとん」をスイートポテトに変身させてくれました。

これも編集会議で「お節料理の中で、栗きんとんが余る・・・」という意見を反映したもの。

 

手前味噌ですが、いつも思うのは(有美)の写真がきれい&料理がおいしそうなこと。

記事する前に味について聞くのですが、(有美)は必ず「おいしかったですよ!」

作った本人が言うだから間違いない!ということで、自信を持ってご紹介しています。

ぜひ、みなさんの食卓でみんとのレシピを活用してくださいね。

 

みなさんからのリクエストもお待ちしていますので、編集部までお寄せください。