Archive for 6月 22nd, 2011

干物

こんにちは、(有美)です!
久々の夫と二人でおでかけ。静岡県は東部地区に位置する

沼津市へ行ってまいりました。(我が家からは1時間ほどのところ)

ここ沼津は、「アジの干物」でも有名で、スーパーの鮮魚コーナーでは

アジを筆頭に干物がとても充実。

しかし、我が家ではあまり干物を好んで食べません。

私の感覚では、干物・・・・・と、いったら「ホッケの開き」でしょうか。

羅臼産の脂がのった身厚なホッケ。これに限るでしょ~と、こちらに

住んでいてもホッケだけはお取寄せ。ささやかな我が家の贅沢でもあります。

で、話は戻りますがこの「干物」・・・。いや~浅はかでした私。

干物ってようは干しちゃえば「干物」といっていいんだ~とは、理解したのですが、

この日、沼津の市場へ行ってあちこち見て回ったのですが、なんせ干物だらけ!

しかも、干物としてできあがったものはもちろんのこと、「今、干し始めました」状態の

お魚もズラ~っと並んでいまして、その種類の多さにビックリしました。

上にも書きましたが、干物といったら「アジ」。ちょっと他に浮かんでも、イカの一夜干しとか・・・?

ここに並んでいたのは、鯖、サンマ、カサゴ、さより、かます、金目鯛にメギス、

それから~かわはぎに、たちうお、キビナゴ、フグなどなど。なんせ、なんでも干物になっています。

で、一番、驚いたのが・・・・・「イルカ」!

ここ静岡県東部地区では「イルカ」を食べます。(私も一度だけ食べたことあります・・・涙)

イルカ料理はゴボウとショウガで煮込む料理が主流で、魚屋さんで「イルカ入荷」しました!」の

看板には引越し当初、驚いたのを今でも鮮明に覚えています。

イルカは煮付けて食べるのがこちらの一般的では?と、思っていたのですが

私的には、「えぇぇぇ~~イルカも干物にしちゃうの~~!」と、衝撃を受けました。

おっと、誤解はしていないと思いますが、イルカは干物にしても煮付けにしても一匹まるまる

開いてませんからね!切り身になっていて、その姿からは、

あのつぶらな瞳の癒し系哺乳類だとは想像がつかない状態で店頭に並んでいます。
沼津港に揚がる地物の魚はいろいろとあるようですが、コレというのは特にないようで

「干物に加工する場所」として、全国から集めた魚を加工し干し販売しているようです。

でもな~、やっぱり、イルカは水族館で逢いたいものですね~。
 さぁ、せっかく沼津へきたのだから、何かしら食べて帰らなくては!

と、いうことで市場でいただいたのがコレ!

桜海老のかき揚げ定食と、金目鯛のハーフ&ハーフ定食。

なんだか、ピザみたいなネーミングですが、この金目は30センチほどの体長。

半身を煮付けにして、もう半身を湯引きしてお刺身になっています。

金目の値段はお高めでしたが、大満足の定食です。脂がのっていて美味しい。

静岡県の由比町は桜海老、伊豆、稲取は金目とおいしいところをチョイス!

ん~、現地の売り「干物定食」には、ちょっと魅力を感じなかったのが残念~。