涙が心の汗ならば・・・ビールのお話


7月最初の週末ですね。こんにちは、土曜日担当(榛)です。

昨夜は、(ど)に誘われて(というか半らこちらが強引にお願いして、笑)
とあるビールパーティーに行ってきました。
夏らしい気候となったせいか、街には人がたくさん。
北見の夜も活気に溢れていました。
2次会、3次会、4次会と進むにつれて…。
一部おじ様(失礼。元・ヤング)のお話は、
“内容が無いよう”ってなダジャレが思わず口から出そうになるほど
楽しかったです。社会勉強になりました♪

店とワイシャツとやきとり

 

毎晩、自宅で350ml缶を3本は空けるほどビール好きの私。
最近は、月に一度の女子会開催など
外(お店)でビールをいただく機会が増えました。

初めてのお店で最初に飲むビール。
これって結構【重要】ですよ!
この最初の1杯がおいしくないと、気分が凹みます(単純ですが)。
次回もこのお店で飲もうという気持ちにならないかも…。

で、そのポイントはというと、
ジョッキ(グラス)が冷えていること。これに限ります。

ビールは「のど越し」と言いますが、
のどにキーンっとくるあの感じ、それが味わえると最高です。
自宅飲みが500ml缶ではなく
「35缶」にする理由はそこにもあるんです!毎回冷たいのど越し。
(熱く語り過ぎ?)
それでも、自宅で飲んでいると徐々にペースが落ちて、
いつまでも缶にビールが残ったままということも。
そんなときに私は、ビールをコップに注ぎ氷を入れて飲んでみたりします。
冗談半分での行為なのですが…。

なんとそれを商品化してしまう企業がありました!!
 

道新記事/氷を入れて飲むビール

 

北海道新聞6月30日の記事。
キリンが7月27日に「キリンアイスプラスビール」を発売。
節電の影響で暑さ対策に注目が集まる中、
より冷たいビールをという趣旨で開発されたようです。

発想は毎日の暮らしの中にヒントがあるのだと感心しました。

 

さて、タイトルの続き…
涙が心の汗ならば、
ビールは心のシャワー、かな? by(榛)

 

さて今夜も飲みますか。