川湯温泉駅「オーチャードグラス」で、出合った・・・


お暑うございます!!

真夏並みの暑さが続いていますね。お互い水分補給に気を配りましょう。

 

先週のみんとの特集記事は「川湯温泉」。

先日(榛)が川湯の取材の裏話をブログに書いていましたが

読者の皆様には、興味を持っていただけたでしょうか。

わたしからも裏話をひとつ。

無人駅、ホームへの出入りは自由

ちょうど汽車が到着

JR川湯温泉駅にステキなカフェ「オーチャードグラス」があります。

ずっと行ってみたいと思っていたのですが、実際に足を運んだのは今夏。

メニューブック

駅舎を改装してカフェが出来たのは25年前だそうで

周年の記念で制作したというポスターが貼ってあったので

なにげなく見ていたら「いも版画・香川軍男」と文字が。

イラストは水彩色鉛筆画家の鈴木周作さんによる

よく見ると店名のロゴマークに香川さんのいも版画が使われていました。

香川さん(故人)といえば、いもを使って版画を制作する「いも版画」で名を知られた

北見を代表する版画家。

メニューブック

川湯でナゼ北見ゆかりの・・・と思いマスターに聞くと、

香川さんの作品が好きで、開店当時にダメもとで香川さんに依頼したら二つ返事で

川湯駅(1988年から川湯温泉駅と改称)を制作してもらえたとのこと。

北見では店舗のロゴや包装紙などに香川さんの作品が使われている話をしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「香川軍男さんの略歴」みんと(2007〜2008年)連載「眼福帖」から転載

【かがわ・ときお】1915年(大正4年)十勝国大津村(現豊頃町)生まれ。幼少期から晩年まで北見で過ごし、いも版画を中心に水彩・油彩と多くの作品を遺す。版画家・川上澄生に「海内無双(世界中に二人といない)のいも版師」、書家・長谷川白羊に「薯上遊神(しょじょうゆうしん)」(版の上に精神を遊ばせている)と言わしめ、日本版画界にその名を留める。2002年87歳永眠。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

古くて趣のあるインテリアがとてもステキな「オーチャードグラス」。

昭和レトロな気分で、コーヒータイムを過ごしてみてはいかがですか。

ステンドグラスが

「オーチャードグラス」弟子屈町 JR川湯温泉駅内
営業時間:10:00~18:00(オーダーストップ17:30)
定休日: 火曜日(夏シーズン中は無休予定)
http://www.h7.dion.ne.jp/~kawayu/index.html