JRタワー10周年記念 第7回JRタワー映画祭


JRタワー10周年記念 第7回JRタワー映画祭

シネマと鉄道 ― 森繁久彌生誕100年

自分の中で「森繁久彌」という人物のことで知っていることと言ったら、

俳優で、歌も歌えて…程度の知識しかありませんでした。

 

『屋根の上のヴァイオリン弾き』を演じた人、

「知床旅情」を作詞作曲し自ら歌うシンガーソングライター。

(柊)の知っていることといったらそのくらい。

 

喜劇役者としても活躍し、後にシリアスな演技派俳優への移り変わりは

やはり森繁さんの才能だと思います。

 

 

通勤途中にJRタワー東コンコースを通ります。

 

2013年2月23日(土)~2月28日(木)までの期間、

札幌シネマフロンティアにて、

JRタワー開業10周年を記念したJRタワー映画祭が開催され、

森繁久彌さんの大ヒット喜劇、「駅前シリーズ」12本を上映するそうです。

(1作品:一般・シニア1,000円、学生500円 各税込)

http://www.jr-tower.com/topics_detail/312

 

 

関連企画として、2月28日(木)まで、JRタワー東コンコース1階で

「森繁久彌生誕100年の足跡パネル展」が開催されています。

駅前シリーズのポスター及び「地の涯に生きるもの」のスチール写真を展示など

ファンにはたまらない貴重な企画だと思います。