Archive for 4月 21st, 2013

辛くておいしい物を作りました。

こんにちは!このところの寒い日が続いていますね。

一昨日は雪が積もって、春の気配に急ブレーキがかかりました。

インフルエンザも流行っていて、体調を崩しがちなのでお気をつけくださいね。

 

今日の(有美)の日記によると、静岡も寒い…とのこと。

本州でも雪が降っているところがあって、長野県の松本で行われる予定だった

Jリーグのゲームが、雪のために中止になりました。山形も雪の中でゲームをしていました。

我がコンサドーレ札幌は、先ほど長崎とのゲームを終え、0-0の引き分けとなりました。

J2新加入ながら、現在5連勝中の長崎を相手の引き分けは、上々の出来といっていいかも…。

これで、先週からのアウェー2連戦を含む3試合を2勝1分けと負けナシで乗り切りました。

この後は、ホームに戻ってゆっくり休養して、27日の聖地厚別の初戦に臨んでほしいものです。

 

さて、話は変わって、タイトルにある「辛くておいしいもの」について・・・

この料理は、10年以上前に韓国から北見工業大学に留学していた女子学生教えてもらったもの。

友人の韓国土産に「韓国の粉唐辛子」をいただいたので、思い出して作ってみました。

彼女に、料理の名前は?と聞いたのですが、答えは「おかずです」でした(笑)

とっても簡単に作れて、ご飯のおかずはもちろん、お酒のおつまみにもいいですよ~。

 

材料は、大根半分、長ネギ2/1本、塩、砂糖、粉唐辛子(できれば韓国唐産の粉唐辛子)、酢、ゴマ

作り方は、大根を繊維に沿って細めの千切りにしてボウルに入れ、軽く塩を振って混ぜ、20~30分置きます。

その間に、ネギを3~4センチくらいの白髪ネギに(水にはさらさない、茎も細く切る)します。

大根から出た水をしっかり絞って別のボウルに移し、ネギと砂糖(大さじ1/2~1)、塩(小さじ1/2くらい)、

酢(大さじ1~2)、そして好みの量の唐辛子(大さじ1/2~2くらいの間)を入れ、

よ~く混ぜで、仕上げに白ゴマをつぶしながら振りかけて出来上がり~。

好みで生のニンニク(刻んだり摩り下ろしたり)を少し入れてもいいようですよ。

ちなみに写真の中にはニンジンも写っています。

冷蔵庫にひとかけ残っていたので、ほそ~い千切りにして入れちゃいました(笑)

 

ポイントは辛さの中に甘みのある「韓国の唐辛子」を使うことと、味を見ながら足していくこと。

最初からたくさん入れると取り返しのつかないことになりますよ~(笑)

日本の唐辛子しかない時は、砂糖の量を増やして味を調節するといいでしょう。

酢が入っているので、口当たりはマイルドにですが、後から辛さがやってきます。

(有美)なら「これだけで、白いご飯2~3杯はいけます!」っていうかも・・・。

2~3日なら冷蔵庫で保存できるので、ぜひ、作ってみてください。

 

この料理を教えてもらった頃は、「韓流ブーム」なんてものが来るとは思っていませんでいした。

当時は、今は無くなってしまいましたが、北海学園や北見工業大学に来ていた留学生と交流していて

たくさんの韓国料理を教えてもらって、よく作っていたのを思い出します。

当時、北見に来ていたみんなは、元気にしているかな~。

思い出に浸りながら、今夜もコレを食べるとしますか。

 

 

旬です!

IMG_5052.jpg

おはようございます。静岡(有美)です!

今日は昨日からの雨でなんとなく部屋の中も暗く寒いです。

久びさにストーブ起動です。

さて、ここ静岡では甘夏が旬の季節を迎えています。

スーパーに行くと、一袋10玉ほど入って500円。

あまり、果物を買わないほうではありますが、

安いと思って衝動買いです。

一生懸命食べてビタミンC補給です。

と、いうか来週水曜日に北見帰省なので、少し食に対して、

節制しておかなくては…

何故なら、いつものことながら帰省すると美味しいものを

ここぞとばかりに、食べ尽くして体重増になってしまうから!

やっぱり、お寿司と焼肉は外せないですからね〜