石北峠の紅葉、まだ始まったばかり


9月最終日の月曜日です!

 

昨日は石北峠を通って旭川へ行ってきました。

 

先週、層雲峡の黒岳中腹あたりで紅葉が・・・と小耳に挟んだので

ひょっとしたら大分降りて来ているかも・・・と素人考えを持ちまして

峠を通ってみました。

残念ながら曇り

朝7時半、峠は8.5℃(車載温度計調べ)。

木々はかすかに黄色くなったかなという程度。残念。

水は少なかった

大雪湖。看板が掲示されていて、ボタンを押すと大音量で解説が流れる仕掛けがありました。

先客のカップルが聞いており、私たちが車から降りてちょっと気まずそうだった。

終わりまで聞かずに去る2人。

IMG_2662

大函に寄り道。柱状節理の岩が見えます。

層雲峡地域といえば「柱状節理」。

看板にはこの柱状節理がどうやってできたのか解説が書かれていました。

大雪の火山が噴火して堆積物に覆われた一帯は

1万年以上もかかって石狩川の浸食を受けできた景観なんだそうです(大はしょり)。

大函の紅葉

紅葉らしき木みっけ。

IMG_2693

朝8時すぎ、層雲峡6.5℃。・・・・凍える。

写真は大雪山国立公園「流星の滝」。

観光客の皆さんは何時に宿を出発したのか。バス3〜4台が停車中。

 

IMG_2695

黒岳ロープウエイ乗り場。上の方に見えるのが黒岳頂上。

25年くらい前に1度だけ登ったことがあります(遠い目)

標高が1984メートルで、1984年に私のまわりでは黒岳に登る人が多かった記憶があります。

 

可愛くてたまらん♪

昨日の目的は「旭川陶芸フェスティバル」。

オホーツクからは北見市の北炎窯、大空町の美風窯と女満別窯が参加していました。

会場・旭川地場産業振興センターのホールに、122のブースが並ぶ様は圧巻でしたヨ。

どの窯も個性があって見応えたっぷり。

写真は今回発見した札幌のnicoriさんの「待ち針」。

ク〜〜〜!!カワイイ!

こういうのに弱いワタシ。