Archive for 6月 18th, 2014

日光東照宮に行ってきました

ご無沙汰しております!静岡県富士宮の(有美)です!
この間の週末に、久々のドライブをしきました。梅雨の晴れ間に~なんて思って出かけてみたものの暑いのなんのって…

朝、目覚めると何を思い立ったのか「日光へ行こう!」と、息子と夫を叩きお越し、車で4時間弱、東名高速、東北道を乗り継ぎいざ栃木県へ。

「まぁ~近いこと」と声に出してしまうとつかさず「寝て起きたら栃木…そりゃぁ近いよね…」と夫。
そう、何を隠そう私ドライブ苦手で、なぜだか車乗ると15分で眠気が…
以前にも北見を出てすぐ眠ってしまい目覚めたら小樽キロロの入り口だったことがあり、そのときも「近いね~北見、小樽間って!」と言って運転席を見るとフラフラになりながらハンドルを握っている夫に睨まれたことがあった…。

なんだかんだ言いながらも、栃木県「日光東照宮」に到着。
日光東照宮といえば、多数の社殿群が平成11年に世界文化遺産に登録され、この日も観光客で賑わっておりました。

「神厩舎 三猿」
ご神馬をつなぐ厩(うまや)で、猿が馬を守るとされているところから、長押上には猿の彫刻があり、人間の一生が風刺されているとのことだそうです。その中でも「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻が有名ですね。

三猿

「眠り猫」
左甚五郎作といわれ、牡丹の花に囲まれ日の光を浴び、うたたねをしているところから「日光」に因んで彫られたそうです。

眠り猫

石鳥居(いしどりい)
ご鎮座翌年の元和4年(1618)、九州から船で小山まで運ばれ、その後陸路人力でこの日光まで運ばれ、九州筑前(福岡県)藩主黒田長政公によって奉納されました。
この黒田長政という名前聞いたことありませんか?そう、ただ今、大河ドラマ「軍師 官兵衛」の岡田演じる官兵衛の息子が長政なんですね~。まだ、劇中では子役が長政を演じております。なんだか嬉しくなり石鳥居にすりすりしてきました。

石鳥居

 

そうそう肝心なことを…ご存知の通り、日光東照宮は徳川家康公のお墓もあります。いろいろな説があり、静岡県の久能山東照宮にも家康公のお墓があります(こちらはすでに観光済)。現代に生きるものとして何が真実かよくわかりませんが、とりあえず神社仏閣墓巡りが好きな私としては、その当時に思いを寄せて手を合わせるんですけれどね。

 

と、いうことで最後は、三半規管がやられるほどの「いろは坂」を超え「華厳の滝」へ行って来ました。中禅寺湖から流れ出た水が滝として落ちているようで落差100メートル近くあります。さすがに水辺ということもあり奥日光は涼しかったす。

さ、次はどこへドライブに行こうかな~!

街で発見 その7

はい、また(?)(!)なものが溜まってきましたので、どーぞ!

 

まずはお約束のヤツですね。

スイチ

小の後ろに「・」はいらないんじゃ…。余計なお世話ですかね。

大小便

(ど)の実家近くで発見した社名。

うーん、いろんなことを想像しちゃいますね。

あの

BADですか?

バッド

(ど)はキュウリが嫌いなのでどうでもいいんですが…。

キューリ

これはいい名前ですね~。楽しく住めそう。

はっぴー

最後に、知り合いから頂いた写真。

下の方に行ったら飛び降りるのでしょうか?

会談

はい、ではまた!