Archive for 8月 15th, 2014

初めての雄冬岬・黄金岬

金曜日になりました。(さ)です。

お盆なので、先週土曜日にクルマで札幌へ行き、台風一過の12(火)に帰ってきました。

昨日のみんとで発表した漢字クイズの答えは「古里(ふるさと)」でしたが、

古里に帰った人、帰ってきている人、あえて動かない人、いろいろでしょうね。

帰り道、突然思いついて、当別から日本海側へ出ました。

厚田→浜益→雄冬岬→増毛→留萌→深川→旭川→石北峠…と、

大幅な寄り道をして帰ってきました。

あらためて調べてみると、「厚田村」「浜益村」は今はなく、「石狩市」と合併したんですね。

このため石狩市は南北に長い市となっています。

25年くらい前、浜益に浜ラーメンを食べに行ったことがありますが、

その先は(サロベツ原野まで)未踏の地。

(サロベツ→稚内→紋別→北見までは走ったことがあります)

今回は厚田で浜ラーメンを食べた後、日本海オロロンラインをひた走ります。

 

雄冬岬看板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんトンネルを通って、雄冬(おふゆ)岬にやってきました。

昔は「陸の孤島」と呼ばれた場所です。

国道が開通するまで、冬場は海から行くしかなかったそうです。

知らなかったけど、北海道三大秘岬のひとつ。

(あとの二つは、根室・落石岬と室蘭・地球岬だそうです)

「秘岬」ってなんて読むのでしょう。

「秘湯」は「ヒトウ」だから、「ヒコウ」かな?

それにしても、三大秘岬ってどうやって決めたのかな?

知床岬が入ってないけど…。

白銀の滝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、岬にある「白銀(しろがね)の滝」です。

暑寒(しょかん)連峰からのせせらぎが、断崖の雄冬岬で一気に滝となり、

日本海へ流れ落ちている、という説明書きがありました。

 

白銀の滝、日本海へ

 

 

 

 

 

 

 

 

その通路です!

滝と海の、恐ろしいほどのせめぎあいです!

 

おふゆ岬の断崖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上を見れば、この断崖絶壁…

ネットがかけてありますが、大丈夫なんでしょうか…

突如、「長居は無用」という言葉が浮かび、先を急ぐことにしました。

 

黄金岬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

増毛を通過し、留萌市の黄金(おうごん)岬に着きました。

夕陽が美しいというスポットですが、残念ながら、時間がまだ早いです。

また、ここは波が激しく、「世界三大波濤」の一つに選ばれているそうですね。

他の二つはマドラス(インド)・ウィック(スコットランド)だそうです。

白銀の滝、黄金岬、と来ると、山上憶良の

「しろがねも くがねも たまも 何せむに まされる宝 子にしかめやも」

が連想されます。

 

 

黄金岬2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄金岬

 

 

 

 

 

 

 

 

台風一過で、海は荒れています。これは遊泳禁止ですね。

カモメがたくさんいて、強風にあおられながらも悠々と飛んでいました。

* * * * *

留萌から深川、旭川と進み、懐かしの国道39号線へ戻って来ました。

 

層雲峡18:30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

層雲峡のセブンイレブンで一休み。おなじみ柱状節理!

これから石北峠を越えるというのに、すでに夕空(午後6時半)。

…ということで、8時過ぎには無事、家に帰り着きました。

札幌を出てから約10時間。

いつもながら高速道路に乗らない旅。

どうしても長旅、どうしてもヘロヘロになりますワ。

これから走る皆さん、「2時間ごとの休憩」で、良い旅を♪