災害アプリの実力?


こんにちは!

9月最後の日曜日です。

起きた時は、青空も広がりいいお天気だったのですが…

用事があって出掛けようと、準備をしていたらスマホからポロンと音が…

 

先日の特集のために、入れたアプリから「北見地方、激しい雨」との連絡でした。

 

ん?????

 

外は、まだ曇りっていう程度なのに…と、思ってアプリをみたら、

これから降るという事のようでした。

今日は、バスでお出かけなので慌ててフード付きのジャンパーを探し

濡れてもいいように、スニーカーにジーンズに着替え、傘をもってバス停へ

歩いいるとうちに風が冷たくなって来て、黒い雲が空を覆い始めました。

 

バスに乗って5分もしないうちに、ゴロゴロ、ザーッ!!!!!

外は豪雨!バスを降りて、バス停から100メートルほどの間にビショビショ(>人<;)

ホントにすごい雨でした!

 

きっとアプリのお知らせがなかったら、

折りたたみ傘をバックに入れた程度で、もっと酷い事になっていたはず。

いまのアプリって、すごいですね〜!

 

その雨も今はすっかり止み、残ったのはビショビショが生乾きの私だけ(笑)

雨がひどかったのは30分くらいのもの…それが私のお出掛け時間にぶつかるなんて

運がいいの?それとも悪いの?

 

さて、今週末はもう10月です。早いもんですね~。

そろそろ雪の便りも?????って、どうしよ~!