冬のイベントと旭りんごのコンフィチュール


こんにちは!2月になりましたね。

毎日、寒い日が続いていますが、4日の立春を境に暦の上では春・・・

しかし、オホーツクでは各地で冬のイベントが行われています。

 

昨日の(榛)の日記にもあったように、今日まで北見ふゆまつりが行われています。

ロングランイベントも各地で行われており、金曜号のフロントと2ページでは、

網走、北見、紋別、そして阿寒のロングランイベントをご紹介しました。

どれもスノーモービルやバナナボート、スノーラフティングなどのアクティビティや

タイヤチューブに乗って坂をすべり下りたり、氷のすべり台があったりと

お子さんばかりでなく、大人も楽しめそうですよ。

 

温根湯と阿寒湖では、冬の夜空に花火も上がります。

済んだ冬の空を彩る花火・・・きっと美しいことでしょう。

花火を見た後は、温泉でゆっくり・・・ああぁ~いいなぁ~(笑)

しっかりと防寒対策をして、出かけてみてはいかがでしょうか?

阿寒冬華美http://www.lake-akan.com/news/?p=911

温根湯温泉郷雪物語 http://www.onneyuonsen.jp/events/details/1098.html

 

さて、話題は変わって、木曜号でご紹介したには、篠根果樹園の「旭りんごのコンフィチュール」。

旭りんごといえば、40代以上の型にとってはとても懐かしいのではないでしょうか?

昔は、今のフジやサンフジにように甘くて蜜の入ったりんご、あまりなくて

真っ赤で酸味が強い「甘酸っぱい」りんごが主流でした。

中でも旭りんごは、食べる前にキュッキュっとこするとピッカピッカに・・・

そこにガブッとかぶりつくと、甘酸っぱい果汁が口いっぱいに広がって・・・。

篠根果樹園では、今も旭りんごを作っていて、そのりんごを使ったジャム

「旭りんごのコンフュチュール」も販売されています。

旭リンゴのコンフィチュール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売は、北見市の雑貨店rega(北見市高栄東町3丁目20-4、)と

レストランef(エフ・北見市留辺蘂町旭西220)。

りんごのツブツブ感が残っていて、パンに塗るのはもちろん、紅茶に入れてもよさそう。

ぜひ、一度食べてくださいね。

 

さ、今週も始りますね。今週は木曜がお休み・・・

ということで、みんとも金曜号のみの発行となります。ちょっとさみしいですが、

その分、金曜号にたくさんの話題を詰め込んでお届けしますので、お楽しみに~。