夏から初秋のスタアの装い?!


こんにちは。金曜日(さ)です。

今回の漢字クイズは海の歌特集でした。

私が今気に入っているのは浦島太郎(桐谷健太)の『海の声』です。

youtubeで、フルバージョンが見れますので、時々視聴してます♪

海の歌はいいのがたくさんありますよね。

話変わって、NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」見てますか?

ついに花山さんが編集に参加しましたね。

ダメ出しの連続に3姉妹はしょんぼりしたり、ムッとしたり。

私も30年以上前のライター駆け出しの頃、編集長に提出した原稿用紙を、

クシャクシャポン!と捨てられた苦い思い出がありますヨ。

這いつくばって拾い集めたものです。

昔の編集長というのは、そういうショック療法みたいなのがお家芸だったのかな?

まあ、いいとして…。

花山さんの考えた見出しは「夏から初秋の明るいワンピース」でしたね。

雑誌は飛ぶように売れるようになったけど、

タイトルが「スタアの装い」そのままだったのが、ちょっと意外でした。

* * * * *

夏から初秋の…と言えば、先日3週間も東京方面に行っていたのですが、

暑くて暑くて、着るものに困りました。

初めは10日間の予定だったので、持って行ったのはジーパンと細身のパンツ。

しかし、朝から汗をかいているので、ピタッとしたズボンをはきたくないわけです。

近所に「しまむら」さんがあったので、飛び込んで綿の楊柳のステテコ(七分だけ)を買いました。

これで一息ついたのですが、これじゃ外に出られない!となり、

再度「しまむら」さんで、「スカーチョ」というものを買いました。

花山さんが、文字だけで説明することの分かりにくさを、鳥居の例を出して、言っていましたので、

写真を撮ってみました。

 

 

スカーチョ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうのを買ったんです。

「スカーチョ」というのは、スカート×ガウチョパンツのネーミング。

「スカンツ」というネーミングもあるそうで、こちらはスカート×パンツ。

写真のものはどちらなのかわからないけど、

スカンツはスカンクみたいでイヤなので、

ここではスカーチョにしておきます。

これは風通しがよくて、蒸し暑い時でも着心地よかったです。

私は、ガウチョパンツは見た目が苦手だったんですが、

こういう薄手のスカーチョならOKでした。

写真の品はポリエステル+レーヨン+ポリウレタン。

綿や麻でも、薄手のものは探せばあるのでは?

マキシスカートでもよさそうなものですが、

中で足と足がペタッとひっつかないところがいいんです。

夏から初秋のサワヤカな装いとして万能のようなスカーチョですが、

難点はトイレの時でした!

何も考えずにズボンと同じくずりさげたら、裾が床について、ヒーッ!となりました。

裾をたくし上げて、膝ではさんで、何とかなりましたが、

ネットで調べたら、ウエストを持ってくるくる巻き上げるという方法が出ていました。

サルエルパンツのように股下が深いので、これが可能なんです。

さらに裾をたくし上げて膝ではさむと完璧です。

今日は、長々と、スカーチョについて語ってしまいました。

皆さんもよかったら、試してみてね♪

特に、暑い地方に旅行する予定の、ふだんはズボン派の方におすすめです。

飛行機の中でも、くい込む部分がなく、リラックスできました。

着たことのないデザインを試すには、プチプラはまことにありがたい~