マンガ飯。


TV番組でマンガの中に出てくるレシピを再現して、
ブログに載せている人が紹介されていました。
材料も分量も載っていて作りやすいものはもちろん、
ざっくりした手順と材料のものは想像しながら再現しているとのこと。

想像力がすごすぎです。

テレビを見て思い出したのは、
むかーし、某新聞社にお勤めの息子と、
食の権威である父との確執を食でつなぐマンガに掲載されていた、
「烙餅(ローピン)」。

すごく美味しそうで、トライしたことがあるのですが、
・・・。うん、普通。てかたいして美味しくもない、という残念な結果に。

絵本ぐりとぐらの「カステラ風厚焼きホットケーキ」には憧れたけど、
当時はいまひとつ作り方がわからなかった。
今はネットで検索するとたくさんのレシピがヒットしますね。

話しが逸れましたが、
以来、がっがり度合いが強すぎて、
漫画に登場するレシピに挑戦することはなかったのですが、
映画の試写会で「3月のライオン」を観て、原作の漫画を読み直していたら、
美味しそうなものばかり登場するんですね、これが。

で、早速作ってみました!
「ナスと豚こまの熱々そうめんつゆ」。
アツアツのつゆに、冷やしたそうめん。
熱いのにひんやりという無限ループを楽しめます。

作り方はとっても簡単。
鍋にゴマ油を熱して千切りにした生姜を炒め、
香りが出たら豚こま、玉ねぎ、ナス
シメジなど好みのキノコを炒め、
お湯とめんつゆを投入するだけ。

茹でたそうめんを、この熱々の汁でいただく!
味を変えるために、大葉やゴマ、一味を入れてもおいしいです。

写真は撮ってはみたものの、
ちゃいろー、しろー、ってかんじで美しくないので割愛。

マンガでは2人で6把を食べ、
満腹で動けなくなるシーンの描写がありましたが、
ほんと、それくらい美味しいです。

コツは油でナスをよく炒めること。
汁の中でとろりとしていくらでもいけちゃいます。