十五夜お月さん、こんばんは!


こんばんは!寒いですね~。

峠では雪が積もったようです。10月に入ったばかりなのに・・・。

 

今夜は十五夜、「中秋の名月」です。

以前、みんとの記事にも書いた「中秋の名月」のついてのうんちくを…

 

十五夜は「中秋の名月」ともいい、「お月見」をする日。

旧暦の8月15日に五穀豊穣を祝い月に感謝するために、秋の収穫物とお団子をお供えします。

「十五夜」の本来の意味は新月から15日目の「満月」のこと。しかし、十五夜=満月ではありません。

それは、新月から満月までの日数が、月と地球の公転軌道の関係で14日~16日と差があるため。

実は十五夜が満月にあたる年のほうが稀なのです。今年の十五夜は4日ですが、翌日の6日です。

また、十五夜は、必ず仏教の六曜の「仏滅」にあたります。カレンダーを確かめてみてね。

 

今夜の北見は雲の隙間からお月様が顔を出していて・・・今は月灯りがまぶしいです。

 

うっすらと雲が見えますね。

これはスマホで撮ったもの。

今のスマホってすごいですね(笑)。

ああぁ~、お団子が食べたい。

 

 

 

 

 

 

昨日の(柊)のブログにあったスターウオーズの展示、気になる~!