Archive for 4月 27th, 2018

北見市ほか1市7町に配布 みんと4月27日(金)号を発行しました。

金曜号を発行しました。

今号は道内の名所を紹介する桜特集です。

中面の星占いは2週分となっていますのでご注意下さい。

また来週は祝日のためみんとの発行を休ませていただきます。

次号は5月10日号となります。

花の季節、開幕ですね

おはようございます。金曜日(さ)です。

漢字クイズの応募葉書に、

「4月12、13日、網走への往復で、JR車内から、女満別~網走間の水芭蕉を堪能!(北見市/60代女性)」

というコメントがありました。

今年は早いみたいですね。

俄然、女満別湖周辺に行きたくなりました。

「JR車内から」というのも、何かステキですね♪

 

昨日26日号の言の葉は「ルール・マナー・エチケット・モラル」。

それぞれの語源と使い分けを取り上げました。

そこで、いま読んでる本。

 

 

人生はマナーでできている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『人生はマナーでできている』

髙橋秀実(たかはし・ひでみね)著

集英社 (2016/4/26)刊

人生いたるところにマナーあり。マナー大国ともいえる日本のさまざまなシーンを取材しつつ、

著者が放つ、おもしろおかしいニッポンのマナー論。(amazonの内容紹介より)

確かにおもしろおかしくて、声だして笑ってしまうのよ。

「第1章 おじぎで鍛える」では、武家の礼法(立ち居振舞い)というものが、

常に身体を鍛錬する目的で考えられたというのが、へー!でした。

武士たるもの、体幹を鍛え、ぶれない身体をキープして、いつ何時くるかもしれない有事に備える。

一例を申せば、姿勢よく過ごすことが、そのまま筋トレになる。

これは、いつでもどこでもできる。

しかも見た目も良いですしね。

 

この人の作品を初めて読んだのは20年位前の『素晴らしきラジオ体操』でした。

(今は文庫本で新しく出されています)

着眼点も文体も、とても面白かったので、時々読んでましたが、

しばらくチェックしないうちに、たくさん出版されていました。

タイトル見ると、全部読みたくなる!

一気に頭にスキャンして、爆笑したくなる!

……と言っても、無理なので、ボチボチですな。

* * * * *

昨日26日号のブラキタミは、「温根湯温泉のツツジ山は天然記念物だってホント?!」でした。

大正12年に起きた山火事の後、火防組合長がツツジの保護を訴えたという歴史に感銘を受けました。

 

 

つつじ山@おんねゆ

 

 

 

これは以前、行ったときの写真。

今年は5月3~6日「おんねゆ温泉つつじ祭り」です。

先日の「夏の暑さ」で、北見市内、家々の庭のエゾムラサキツツジも咲いてきましたが、

天然物の迫力をぜひ肉眼でご覧ください!!