運動会に思う


こんにちは。(榛)です。

昨日の(さ)のブログに私もジーンときました。

 

 

 

今日は、近所の小学校が運動会でした。

父兄が応援する中で、子どもたちは精一杯の力を出せたかな?

雨にならなくて良かったですね。

 

運動会を午前中のみで終える学校が増えていると少し前の道新にありました。

その理由には、2020年度から始まる英語教育の授業時間の確保と

お弁当を作る保護者の負担を減らすのも目的とか。

 

 

勉強が二の次だった私には、一大行事が半分になるのは単純に寂しい気がしました。

運動会って、運動が得意な子にとったらまさに主役になれる日。

(私は運動が苦手なので全員参加の短距離走は苦痛でしかなかったけど)

半日となると競技種目も少なくなり、何を選ぶのでしょうね・・・。

学校生活、運動会に限らず生徒が輝ける機会っていうのは

いろいろあって良いという気がしています。

保護者や大人の拍手や応援が今後の自信にも繋がりますよね。

人間、何がきっかけでその道に進むかはわからない。

子どもは可能性の塊だ!(なんてね、偉そうに言ってみました^^;)

 

 

このところ、一連のアメフトのニュースが、

あまりにもスポーツマンシップとはかけ離れたもので、

モヤモヤした気持ちを抱いた方々。

グラウンドで純粋に競技に取り組む子どもたちの姿を見て

心を洗われるような感動をもらいましょう~!

「開始の合図の花火がうるさい!」なんて苦情を言わずにね(苦笑)

大人とは、大らかな人と書きますね。

 

虹

昨日の夕方見つけた虹。

 

仕事、もうひと頑張りします!