日本で一番遅く咲く桜


こんばんは!6月最初の日曜は夏日でした。

北見では、土日に運動会が行われたようですね。

昨日はちょっと寒かったけれど、今日は運動会日和。いや、暑いくらい。

子ども達の歓声が響いたことでしょう。

しばらくば暑い日が続くよう・・・このまま、夏に突入してもらいたいものです。

 

水曜日のブログにも書きましたが、根室へ行って来ました。

北見を出た時は29度の夏日・・・暑かったんです。

「途中の別海でソフトクリームを食べて・・・」なんてウキウキ気分。

が、しかし!

弟子屈を過ぎて別海に入ったとたんに空の色が青から灰色に・・・

なんか空気も冷たくなって、気温を見たらなんと16度!

水曜のブログにも書いたように寒い!

当然、別海の「ミルクハウス」の前は素通り・・・

根室について旅館の部屋に入ったとたん、ストーブをONしました。

翌日も霧で周りがぼやけていて寒い・・・

 

でも、そんな中「日本で一番遅く咲く桜」に出合う事ができました。

それが、これ!「チシマザクラ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の歯舞に住む酪農家さんのお庭に、先代が植えた桜が40本ほどありました。

木は低め、白と濃い目のピンク、八重っぽいのとシンプルなのと

花にはバリエーションがあって、どれもとってもきれいで可憐でした。

「これが、テレビでよく観るチシマザクラかぁ~」と写真を撮りまくりました。

初めて行った根室で、桜を見られるなんて・・・ラッキー!

生れて2日目の子牛もいて、かわいかった~

 

 

帰りに寄った道の駅で、またまた見つけちゃった~

何を?って・・・それはね~

 

そう!顔出し看板です。

こちらは「スワンの涙」というらしいです。

顔を出すのは、スワンではなくて「涙」のところ。

涙の中に顔って・・・なんかシュール(笑)

このスワンちゃんは何が悲しくて泣いているの?

なんか気になる~

 

 

 

 

 

 

 

二つ目がこちら・・・

「しまふくろうくん」らしいです。

シマフクロウといえば、ドーレくん

う~~~ん、なんかイメージが・・・

もし、根室に行く機会があったら、

ぜひ、顔を出して記念撮影してください。