Archive for 6月 22nd, 2018

遠い日の河西ぼたん園、遠い日のシーナ&ロケッツ。

 金曜日、(さ)です。

今日の「みんと」。「ブラキタミ」は北見の河西ぼたん園のお話。

昭和初期の写真を見ると、当時のぼたん園は着飾って日傘さして行く所だったんだなあ。

ぼたんでは全国一だったってスゴイですね。

ぼたん園を開いた河西(かわにし)貴一さんは、

大正10(1921)年に「河西(かさい)軒」という木造2階建ての洋食店も開いたそうです。

場所は現在の北3条西3丁目で、洋酒を提供したりピアノが置いてあったりして、

当時としては、かなりハイカラなレストランだったようです。

北見がハッカ景気で沸いていたころでしょうか。

どんなに景気良かったのか、再現ドラマで見てみたいものだな~

私はかなり前、ぼたん園に行った時、娘さんの節さんと偶然会って会話を交したことがあります。

フランスがどうとかおっしゃってて、上流階級いわゆるハイソな方なんだな~という印象があります。

ぼたん園の中は周辺より空気が澄んでいるんですよ、実際に検査が行われたんですよ、

ということもおっしゃっていました。

うちの親戚で、昭和30年代、転勤で北見北斗町に住んでいたというおばさんがいますが、

いまだに「ぼたん園、懐かしい」と言います。

昭和30年代のぼたん園はどんなだったのかな~

河西ぼたん園は5月~9月末の期間に開園しています(月曜・雨天除く)。

「カフェ遊木民族」方面の入口から入園でき、入園料は1人200円ですが、

「遊木民族」で飲食をした場合は無料です。

 

遊木民族離れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真は、遊木民族の離れ(禁煙室)の棚。

昔懐かしいグッズがいっぱい。

 

遊木民族ミシン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じく離れに置いてある古いミシン。

ボタンはもう終わりかもしれませんが、サワラなど北見市指定保存樹林も見られます。

小さい森って感じなので、虫にやられないよう、長袖長ズボンがいいと思いますよ。

ミントスプレーも持ってね(笑)

* * *

さて、また「半分、青い。」ですが、今週は「あの歌」を聴いて、

「こ、これは………な、なんだったっけ?!」となりました。

シーナ&ロケッツの「ユー・メイ・ドリーム」でした。

♪あなーたーの こと 思うとー

大好きな歌。若い頃の切なさが胸によみがえりました。

調べたら、1979年の歌。もう40年前なんですね。

ドラマは今、1990年代?

懐メロとして歌ってたのかな。

古さを感じないけどね。

 シーナ&ロケッツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『決定版シーナ&ザ・ロケットベスト・セレクション』

このCD持ってます。

家族がいるようになってからは、たまたま1人で家にいることができて、まずは掃除しようかな、

なんてときにかけてた気が…。

1970年代から80年代にかけて。

鮎川誠&シーナ夫妻、糸井重里サンとか、YMOとか、そういう時代。

自分としても、何か浮かれてた時代。

ネット見たら、シーナさん、3年前に病気で亡くなってた…。

淋しいことだけど、歌はシッカリ残ってるね。名曲ですね!

北見市ほか1市7町に配布 みんと6月22日(金)号を発行しました。

金曜号を発行しました。

今号の表紙面は「焼き肉をもっと楽しもう!」。

焼き肉のまち北見、牛肉に関する豆知識などを特集しました。

北見のアレコレを市史編さんに聞く「ブラキタミ×ラブキタミ」、

甘いもの情報など、紙面をご覧になってくださいね!