コレ、ナーンダ?


コケコッコー花1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コケコッコー花2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コケコッコー花ですよ。

あ、金曜日です。(さ)です。

北見・美山小学校の近くで先月から咲いています。

撮ったのは、雨が降る前。

これを見ると、「元気に咲いてるね!」と声をかけたくなります。

息が長い夏の花。

小学校の夏休みにピッタリの花。

本名は「タチアオイ(立葵)」と言うそうですが、

わが家では「コケコッコー花」と呼んでいます。

知らなかったけど、この呼び名は北海道が中心みたいですね。

 

 

 

 

コケコッコー花3

 

 

 

 

 

 

 

 

コケコッコー花4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粘着力のある花びらを、シールみたいに鼻につけて

ニワトリのトサカに見立てて遊ぶので「コケコッコー花」です。

うちの子供が小さい頃、実演してる写真がアルバムにあったと思うけど、

載せたら怒られるから、探しませんでした(笑)

* * * * *

昨日の「言の葉」は、前回の「三十路(みそじ)」に続き、「アラサー」でした。

誕生後もう10年以上たつそうで、新語とはいえ息が長いですね。

この言葉の軽い響きが好きになれず、「アラカン」とか言われても、

感じわるーいと思ってましたが、

古希(70歳)周辺の「アラコキ」だの、

傘寿(80歳)周辺の「アラサン」だの、

卒寿(90歳)周辺の「アラソツ」だのになってくると、

前期高齢者(65~74歳)とか後期高齢者(75歳以上)よりいいかも?って思います。

深刻さがなくて。

でも、実際にその年になれば、やっぱり感じ悪いかな?

「三十路」は「三十路もなかば…」という言葉がネット上にあり、「ん、何歳?」と思ったので、

「アラサー」は「25歳以上30歳未満」だと思っている人がやはりネット上にいたので、

取り上げました。

漢字クイズはご当地ソング特集。

若い人には難しいかな?

国語力と「カン」で解いてみてね。

楽しんで解いて、ふるってご応募ください!