ビロードモウズイカに驚いた日


こんばんは。金曜日も夜になりました。(さ)です。

明日から9月ですね。

「半分、青い。」もあと1カ月。

相変わらず目まぐるしい。

1日でも見ないと、訳がわからなくなる感じですね。

そして明日は9月1日。

でも土曜日だから、何となくマシかな。

 

娘の手伝いに東京に行ってまして、北見に帰ってきたら、

あまりの気温差(20度とか違うんだもん)に動けなくなっていました。

でも、いろいろ用事があるので、寝たきりになってもいられず……

そしたら今日は晴れ間もあり、25度以上になったせいか、ちょっとマシでした。

(午後の土砂降りには参りましたけど)

国内だと時差ボケはないけど、気温差ボケはありますね。

 

 

 

思い出のイトムカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週23日(木)号のみんと「ブラキタミ×ラブキタミ」第25回はイトムカの巻でした。

このコーナーを担当させていただいてまして、

上掲の本を参考文献として読みました。

イトムカ水銀鉱山閉山40周年記念文集編集委員会編です。

少年少女時代をイトムカで過ごした方々、仕事で関わっていた方々などの

思い出の記です。

情景が浮かんでくるような名文ばかりで、読んでいると泣けてくるようなものもありました。

失われた故郷への追憶に圧倒されてしまって、

一度に読めず、毎日少しずつ読みました。

北見市立図書館所蔵本ですので、よかったら皆さんも手にとってみてください。

私は緑分館で見つけました。

 

 

 

タマネギコンテナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は中ノ島町のJAきたみらい方面へ出かけ、タマネギコンテナを見つけました。

もうこうしてタマネギが詰まって並んでいるんですよ!

これからタマネギが入る空のコンテナもたくさんありました。

これが10月くらいになると、そそり立つ壁のようになります。

去年見てビックリしました。

 

 

ビロードモウズイカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッカ記念館方面に目を転じると、不思議な植物が目に入りました。

2メートル以上の高さがあって、「何コレッ!」と思わず叫んでしまいました。

「ビロードモウズイカ」という名前だそうです。

なるほど、葉っぱがビロードのようでした。

漢字では「天鵞絨毛蕊花」と書き、雄蕊(おしべ)に毛が生えていることが名前の由来だそうです。

他の植物との競争がない場所でよく育つのだとか。

 

 

ビロードモウズイカ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近付くとこんな感じ。

 

 

ビロードモウズイカ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに近付くと………黄色い小さい花が咲いています。

皆さんも見たことあるかな?

もともと日本に生えていたものではなく、帰化植物だそうです。

夢に見そう…。では、おやすみなさい♪