Archive for 9月 11th, 2018

備え。

みなさま生活は落ち着きましたか?

(ぷう)が災害時の備えのことについてブログに書いていましたが、
今回の地震で(柊)も今一度、非常持ち出し袋について見直しをしようと思いました。

このブログを読んでくださっている方は、地震の話題ばかりで辟易しているかもしれません。
でも、しつこいようですが、備えって本当に大切なことなので、
ぜひおつきあいください。

宮城県出身の(柊)は幼い頃から地震や津波の恐ろしさや
備えの大切さを叩きこまれ、小学校の道徳の時間には、
津波や地震あとのスライドを見せられて育ちました。

2011.3.11の後はより一層災害時の備えに真剣に考えるようになっていたのですが、
時間が経過するにつれ、やはり備えに対しての意識は薄くなっていたようです。
持ち出し用リュックに入れていたものを確認したら、
足りないものがわんさか。
もともと入れていたけれど、何かの際に使ったり、
期限が切れて入れ替えしようと思っていたけれどそのままになっていたり。

今回、(柊)の住む札幌市中央区は震度4でした。
鉄筋コンクリートの比較的新しい建物ということと、
1階住みのため、モノが落下することもなかったのですが、
震度6弱だった友人知人宅は結構な被害状況でした。

私は揺れがおさまってあたりが明るくなり始めたころに
近所のコンビニに行き、早めの行動だったからか、
お茶やパックごはん、カップ麺などを
買うことができました。

すぐに持ち出せるリュックに詰めていた一通りのものと、
ストックしていた食料、水を合わせると、
1週間は大丈夫。

でも、やはり電気が無いのは不安でした。

モバイルバッテリーは携帯性を考え、
スマホ2回分の容量の薄型のものを使用していたので、
停電が何日も続いたらアウトだな、とか、
乾電池の在庫はいくつあったかな、とか。

真冬じゃなくて本当によかった。
今回の地震、時期が冬だったら、
停電が長く続いたら…、どうなっていたことでしょう。

まだ入手しづらいモノだらけですが、
手に入るようになったらきちんと備えておこうと思いました。
みなさまも対岸の火事とは思わずに、
今一度備えの見直しを、ぜひ。