新元号が発表になりましたね


4月に入りました!
新年度です!

そして、待ちに待った新元号の発表がありました。

昨日まで、いろいろな元号を考えていました。
「開明」とか、「安栄」とか、「永和」とか…
智恵を絞ってはみましたが、全くかすりもしませんでした(笑)

 

「令和」

 

一瞬、どんな意味なのかも分からないぐらい、
新鮮な言葉です。
PCで変換しても、すぐには出てきませんでした。

出典は万葉集の「梅花の歌三十二首」なんですね。
古典をろくに読んだことがないので、
ぴんとこなかったのも当たり前です(苦笑)。

 

元号と言えば、漢字2文字だとずっと思っていましたが、
4文字の元号があるのをご存じですか?

先日、博識で有名な某予備校のH先生が、
クイズ番組でそらんじていました。

「天平感宝(てんぴょうかんぽう」
「天平勝宝(てんぴょうしょうほう)」
「天平宝字(てんぴょうほうじ)」
「天平神護(てんぴょうじんご)」
「神護景雲(じんごけいうん)」

全て奈良時代の元号だそうです。

ちなみに、日本最初の元号は「大化」。
「大化」元年から平成31年までに使われた元号は247。
歴代の元号の中で最も長かったのが「昭和」の62年。
最も短いのが「暦仁(りゃくにん)」の2カ月と14日。

元号の歴史もなかなか面白そうです。
この機会に、歴史を勉強してみるのも良さそうですね。