平成、あと26日


金曜日、(さ)です。

1日に新しい元号「令和(れいわ)」が発表になりましたね。

翌日の道新朝刊は、何事か!というような斬新なデザインでびっくり。

歴代の元号が書いてあって、読み始めたら、最後まで読んでしまいました。

さて、新元号発表のとき、NHKの特番を見ながら、素朴な疑問がいくつか。

(1)手書きで書くとき「令」でも「ひとやね+テン+マ」でもいいのか

(2)「れいわ」のどこにアクセントがつくのか

(3)アルファベットで略されるとき「R」なのか「L」なのか

他にもアレ?と思うことはありましたが、今ここに書くのは、この3つだけにします。

(思わせぶりでごめんなさい)

* * * * *

(1)については、みんとの漢字クイズが手書きで応募なので気になります。

よく応募してくださる読者の皆さんも気になったのではないでしょうか?

この答え、4月2日の道新夕刊にも出ていましたが、どちらでもいいということ。

20代の息子が小学生のとき「マ」じゃない方を書いてバツにされた、と言ってました。

学校で習うのは「マ」の方ですが、今はどちらでもOKで、バツにされないようです。

(念のため、学校の先生にもご確認ください)

発表のときは、2つを組み合わせたような字形でしたね。

(2)菅官房長官が発表したとき、頭にアクセントがありましたが、

記者が質問するとき平板だったので、あれ?と思いました。

これもどちらでもいいようです。

「明治」も、単独なら頭にアクセントがありますが、「明治時代」と言う場合は平板ですから、

使い方によって変化することがあり、それは許容されるということでしょう。

(3)略字は「R」。

「L」だと数字の「1」とまぎらわしいから、これは良かったです。

「令和18年=R18」が話題になってますね。

* * * * *

1日午後に民放のワイドショーを見ていたら、

「元号が変わる瞬間を体験した街の人たちに、感想を聞いてみましょう」

みたいなことを言っていて、

「元号まだ変わってないよー。1カ月先だよー。

新元号が発表になった瞬間というべきでしょー」などと

テレビに向かって、さんざん文句を言いました。

 

その3日後、昨日4月4日、私は市役所で、とある申請書類を書きました。

まず申請年月日を書こうとしたら、印刷された「年」の前が空白。

一瞬「あれ?」と思い、係りの人に「令和1?」とこそっと聞いたら

「いえ、平成31で」との答え。

またまた「ん?」と思い、事態を飲み込むのに時間を要しました。

後から何度も思い出し苦笑い。

「バカって言った人がバカなんだよー」って孫(5 )がよく言いますが、

その通りになっちゃった。

今月はあちこちでこういうことが起きるんだろうな~(笑)

早く5月になってほしいような、いつまでも4月がいいような…

長くなりました。このへんで。