春を食べる


先週末、久しぶりに南房総へドライブしてきました。

房総といったら菜の花が一面に広がっているイメージが強いのですが、

その景色も暖かい日が続いたので、そろそろ終盤でしょうかね。

さて、房総へ行く道中、野菜の直売所巡りもしてきました。

今の時期はなんといっても「筍」!

千葉県夷隅市大多喜町は「筍」で有名のようで、すぐ売れ切れてしまうほどの人気。

開店と同時に数分で棚は空っぽになるほど。

早起きしたかいあり私も三本ゲットです!

朝堀の新鮮な筍はアク抜き不要。すぐに土鍋で筍ご飯を炊き、ホイル焼きにもしました。

文句無しに美味しかったです。その日に全部は食べれないので

アク抜き処理して、分葱と合せてヌタにしたり、天ぷら、若竹汁などにしました。

春はまだまだ美味しいものがいっぱい!

直売所で買った野菜を使って作ったのは、これも春の代表でしょうか。

ヨモギ餅も作ってみました。

子供の頃は、このヨモギの香りが苦手だったのですが、大人になると嗜好が変わり、

意外と苦いものや香りの強い一癖あるようなものが好きになりました。大人って不思議…

そして今夜は、春のお鍋です。

今が旬の小松菜の菜花や、春キャベツ、広島県産のレモン(これも今が旬)を使って「春のレモン鍋」です。

コンソメベースにレモンの酸味にブラックペッパーをきかせてさっぱりな仕上がりに。

さて、次は何が旬野菜の出番かしら?