「彩」の辛くてしびれておいし~うどん。


こんにちは!6月2回目の日曜は、程よい天気。

ちょっと気温が低い感じがしますが、青空がさわやかな感じです。

今年は、5月末の猛暑の次が先週の雨…なかなか過ごすやすくなりませんね。

スカッと晴れて、さわやかな北海道~!が早く戻って来て欲しいものです。

 

さて、金曜号のみんとでは、季節の台所「彩」さんの新作ご紹介しました。

その名も「しびれ冷やしうどん」(1200円)。

 

今年、ブームになっている「麻辛(マーラー)」味で

野菜たっぷりのメニューです。

うどんは、稲庭風の細目なのでとっても食べやすくて、

周りにはたくさんの野菜。

生あり、挙げたものありで、もちろん彩もきれいです。

 

 

 

 

 

 

そして、味の決め手となるのが、うどんの上に乗っているのが「麻辛肉みそ」。

花椒(中国山椒)の舌にくるビリビリとする痺れと唐辛子の辛み!

これを麺に絡めて食べると、これがクセになるんですよ~。

初めは「???、そんなに辛くは…」と思うのですが、時間差で「辛っ!」。

次に舌に痺れがやってきて、「キタ~~!」っという感じに(笑)。

それからは、お箸が止まりません。辛さがピークに達したらご飯でリセット。

このエンドレスで、気が付くとお腹がい~~~~っぱい!

もちろん、8種類のおばんざいも食べ放題なので、しっかりとお腹を空かせて行ってね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「季節の台所 彩」北見市光葉町26、0157-33-1267

営業時間/11時~15時00分(LO14時)

17時~21時(LO20時)、月曜定休

 

ちなみに、私は辛いのも痺れるのも大好き!おいしくいただきました。

その感想を同店のオーナーの宮田さんに伝えたところ、返ってきたのが

「オレ、これ辛くて食べられないんですよ~」という衝撃のひと言(笑)。

自分が食べられない程、辛いって…ま、おいしいからいいか!