Archive for 7月 15th, 2019

北網圏北見文化センターで美術企画展「版画って何だ!?」開催中

みんと紙面でもご紹介しましたが、

現在、北網圏北見文化センターでは

美術企画展「版画って何だ!? ―木版からコピー機まで―」が開催されています。

 

版画というと、小学生や中学生の時に作った

木の板を彫ってそこにインクを塗り、紙に刷った作品を思い浮かべてしまいます。

私の作品は、手で描くよりもずっと大雑把で、線はガタガタ、

緻密な描写などとても求められるようなものではなく、

ただの白黒の何の面白味もない絵でした。

そして小学生以降、私にとっての版画は、

美術作品とは縁遠いものとしてとどまっていました。

 

今回、北網圏北見文化センターから企画展の案内をもらってチラシを見たとき、

版画ってこんなにいろいろな表現ができるのかと驚きました。

技法も、小学生の時に作った「木版画」以外にもいくつもあるのですね。

版画の世界って、思っているよりもずっと奥が深そうです。

 

この企画展では、道立帯広美術館の所蔵品の中から、

複製・印刷技術を用いて制作された「プリントアート」の優れた作品を紹介。

国内外出身の作家21人による作品45点を展示しています。

 

ふだんなかなか見ることのできない作品ばかりです。

ぜひこの機会に見にでかけませんか?

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

北網圏北見文化センター美術企画展

「版画って何だ!? ―木版からコピー機まで―」

 

会期:8月25日(日)まで

場所:北網圏北見文化センター(北見市公園町1)

観覧時間:9時30分~17時 ※8/24・25は21時まで開館

休館日:7月16日(火)、22日(月)、29日(月)、8月5日(月)、13日(火)、19日(月)

観覧料:一般500円、高校・大学生300円、小・中学生・70歳以上100円

問い合わせ:0157-23-6700