Archive for 7月 17th, 2019

ラストラン! オホーツクサイクリング

7月14日(土)・15日にかけて、オホーツクサイクリングが行われましたので行ってきました。

北は雄武町から南は斜里町まで212kmのオホーツク海に面した市町を駆け抜ける、この名物イベントも38回を数えましたが、残念ながら今回で最後となりました。

14日、午後7時30分、雄武町をスタートをスタート。天気が心配されましたが、雨は降らず、気温も高からず低からず、コンディションはいい感じでしたが、佐呂間町の中継点を過ぎた当たりから雨脚が強くなり、北見市常呂ではざんざん降り。参加者の皆さんたちも結構体力を奪われたようです。

次の15日も雨雲が抜けてほしいと願いながら、やっぱり朝から雨。結局、最後の斜里町もゴール時間に近づくに連れて、雨が降り、雨の中のゴールとなりました。

それでも、みなさん最後の力を振り絞って、小さなお子さんも泣きながらも頑張ってゴールしていました。

最後のオホーツクサイクリングは残念ながら、雨にたたられましたが、みなさん、苦労しましたが、いい思い出になったのではないでしょうか。

日本でも、自然と触れ合い、町と触れ合う、こんなサイクリングコースはなかなかありません。今後とも全国からサイクリストが目指すような、伝説のコースになってくれればいいですね。

雄武町のスタート。このときまでは天気は上々だったのですが・・・

二日目。常呂町の出発風景。雨が降っています

中継ポイントでは各自治体から軽食などが渡されます。小清水町では、久保町長自らじゃがいも(インカの目覚め)を配っていました

斜里町のゴール。雨の中、最後の力を振り絞っていました。馬場町長とクマがお出迎えです