オンネトー湯の滝へ


こんにちは。金曜日(さ)です。

北海道は夏休みも終わり、夏の思い出をまとめておきたい時期ですね。

皆さんはどんな夏だったかな?

うちは15年ぶりに新しい車(初めての軽)が来たので、装備が珍しくて、

みんな運転したがり、近場でドライブを楽しみました。

私は、常に燃費が表示されるのが面白いです。

7月下旬にNHKブラタモリで放映されていた「オンネトー」。

「最近行ってないね」という話になり、8月4日に行ってきました。

 

チミケップ湖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北見からまずチミケップ湖へ。

良く晴れて風がない日。

湖がものすごく透き通っていました!

周辺が全部映っていました。

チミケップへ行く山道は道幅が狭いので、

軽だと楽でしたが、

砂利道のガタガタが直接響くし、安定が悪い感じでした。

しかたないですね。

 

道の駅あいおい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食は阿寒湖畔でラーメンと予定していたのですが、

空腹に耐えられず、道の駅あいおいへ。

お蕎麦屋さんで昼食。

デザートにくまやき。

賑わっていました!

 

湯の滝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、湯の滝です。

オンネトーは水の色が相変わらず美しかったけど、

一路、湯の滝の駐車場へ向かったので、写真は撮らず。。。

駐車場から森の中を片道1.4キロ歩くと湯の滝に出ます。

蒸し暑くて、この20~30分がハードでした。

温泉水が滝となって流れているのですが、ここは世界でただ1か所、

陸上でマンガンが生成される場所。国の天然記念物です。

滝の下の池には、かつては人為的に放された外来の熱帯魚(ティラピアやグッピー)がいて、

マンガン生成に欠かせない藻を食べてしまうということで、

駆除事業が進められてきました。

ついに今年1月「根絶」ということになった次第。

確かに池には魚がいませんでした。

うちは子供が幼いころから、ここの熱帯魚を見るのを楽しみに通っていたので、何か淋しい風景でした。

まあ仕方ないですね。

 

津別キノス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは今年4月にリニューアルオープンした「つべつ木材工芸館・キノス」に寄りました。

キノス=木の巣!

いい名前ですね。

地元の小学4年生が考えた案が採用されたそうです。

「鳥の巣のようにみんなが集まる場所になることへの願いを込めて」

ということで、木の遊び場は、たくさんの子供や大人で賑わっていましたよ。

6月22日の当ブログで(榛)が写真をたくさんアップして紹介していますので、ごらんください。

奥の木工作品を展示してあるコーナーで、

係の方に、東京オリンピックのメダルケース(山上木工)の

お話など聞かせていただきました。

開催まであと1年を切り、今まさに急ピッチで制作が進められているそうです。

ほんとに素敵な木のケースですよね。

以上、ぐるっと日帰りドライブ話でした!

チミケップもオンネトーも紅葉の季節も素晴らしいので、

皆さんもお出かけください♪