サンゴソウ3カ所めぐり


金曜日になりました。(さ)です。

NHK朝ドラ「なつぞら」のなつの前髪、マコプロに移ってから変わりましたね。

前髪を横に流して、おでこが見えるようになって、見てる方も楽になりました。

ところで、タイトルの「なつぞら」って、主人公なつ+大草原アニメの主人公ソラなんですね。

前作の「まんぷく」は萬平+福子で「まんぷく」だったなあ。

……ま、いっか。

***

さて、先週の北海道新聞に

網走市卯原内(ウバラナイ)能取湖畔のサンゴソウ群生地の写真が載っていました。

サンゴソウはアッケシソウとも言います。

「えっ、もうこんなに赤いの?」と驚いて、

8日(日曜日)に見物に行ってきました。

 

サンゴソウ@卯原内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この通り!きれいに赤くなっていました。

この群生地、一時は悲惨な状況でしたが、

関係者の皆さんのご努力で、回復して良かったです。

観光客もたくさん来ていましたよ。

明日から2日間「能取湖さんご草祭り」が開催されますが、

鮮やかな赤色がもってほしいですね。

 

 

サンゴソウ@ワッカ

 

 

 

 

 

 

 

 

次は北見市常呂町に移動。

レストラン「ブレ」でお肉ランチをいただいたあと、

ワッカ原生花園のサンゴソウ群生地へ。

日光の関係もあるでしょうが、ウバラナイの方が赤かったかな?

 

ハマナスの実@ワッカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤いと言えばハマナスの実。

真っ赤で目を引きました。

 

サンゴソウ@キムアネップ

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはワッカとサロマ湖をはさんだ対岸のキヌアネップ岬です。

サンゴソウ群生地としては、ここも名所ですが、

この通り、まだ緑色でした。

遠くにアオサギがたくさん見えました。

サンゴソウを見るなら、もう1カ所、サロマ湖畔の鶴沼原生花園もあります。

今回はそちらに回らないで、北見に帰りました。

去年のこのブログを読み返したら、

2018年10月4日に行った時に、まだサンゴソウが赤かったので、

見ごろがやや遅いのかもしれません。

サンゴソウの色づきは、いろいろ気象条件とか関係あるんでしょうね。

猛暑が去り、過ごしやすくなりました。よい週末を♪