「おいしい」が止まらない


 もう九月も終わりですね。

スーパーへ買い物に行くと、野菜、果物売り場や魚売り場のラインナップが変わって

「あ~秋だな~」と感じます。

梨、幸水などは、夏から出回ってそろそろ終わりに近づき、洋梨が出てきました。

柿、先週くらいから、まだお高いけれど少しづつ売り場面積も増えてきました。

栗、何気に目をひく秋の代表果物(栗は果物に属します)。

気が付くとスイカがいなくなり、桃の面積も狭められ、タンスの中で言えば、衣替えのシーズンなのかしら・・・

そして、魚売り場もそうです。

北海道の美味しい魚。まだまだお高い秋刀魚。秋鮭品ぞろいも増えてきて、この鮭がたくさん並ぶと

鮭の子たちも並ぶ。最大限の安値を狙ってまだ購入せず、イクラの醤油漬けを作る日を今か今かと

待っているところです。白いホカホカご飯にもりもりイクラをのせて食べる・・・考えるだけで・・・

おっと、そんな「おいしい」話しばかりで切りがないのでこの辺で・・・

と、言いつつ、写真は先日作った初物「栗ご飯」です。

必死に剥いて土鍋で炊きました。もちろん一緒に食卓を彩るのは、北海道産の秋刀魚の塩焼きです!