カカオニブ入りチョコミント飴


こんにちは。金曜日(さ)です。

だんだん紅葉が進み、雪虫も飛んでいますね。

テレビでは台風19号のニュース。

各地で土日のイベントが続々と中止になっています。

日曜日の北見ハーフマラソンも(残念!)

大きな被害が出ないことを祈りますが、

地震と違って、来ることが分かっているので、

まだましでしょうか。

* * * * *

さて今日は、永田製飴さん@北見市のチョコミント飴について。

 

チョコミント飴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、この飴を入手するまでの物語があります。

お時間のある方は読んでってください。

私が行っている美容院サクセスさん(北見市双葉町)では、

ヘアマニュキアの間に、いつも飲み物とキャンディーを出してくれます。

2,3カ月前にいただいたチョコミントキャンディーが

葉っぱの形で、ミント味がきつくなく、

チョコというよりは砕いたナッツが入っているような感じで、

「ん?」と気になる味。

実は私、チョコミント味というのは

アイスなんかも含めて一切食べたことがなかった。

いわゆる食わず嫌いですね。

その時すかさず聞けばよかったのに、

どうも忘れられず、お店で探したり、ネットで調べたりしました。

結局わからなくて、9月下旬に美容院へ行ったときに、

思い切って聞いてみました。

するとお店の方たち「えー、何だっけ?どこのだったっけ?」と

ずいぶん考えてくれました。

そして出てきたのが「永田…?北見の」という言葉。

すると、私の隣席のお客さんが早速スマホで調べてくれたんです。

出てきました!チョコミント飴。

一同「これだー!」「そだねー!」となったわけ。

お店の方は確かイオンで買ったはずとのことだったので、

帰りにイオンに寄りました。

永田製飴さんの品物は置いてありましたが、チョコミントはナシ。

しつこい私は、永田製飴(ながたせいあめ)さんに電話。

駅前パラボか、永田製飴さん(北見市南仲町)に行けば

買えることが分かりました。

10月になり消費税が上がり、

キャッシュレスでポイント還元が始まるのを待って、

パラボで5袋クレジットカードで買いました(1袋・税込250円)。

東京へ行く直前だったので、

会う予定の友達3人へのお土産にしようと思って。

(2袋は自分用ね)

前回(10月4日)のブログにも書きましたが、

レシートに5%還元は表示されず、

クレジットカードの請求書待ちです。

さて、チョコミント飴。

袋には大きく、北見のゆるキャラ「ミントくん」のイラスト。

「ハッカの街・北海道北見産」「北見産ハッカ使用」とあります。

裏には、北見の位置を示す北海道地図、ハッカの歴史、

ミントくんの由来!が書いてあります。

エゾリスのミントくんには奥さん(ペッパーちゃん)がいて、

2人の子供(長男グリン、長女ぺミン)がいるというエピソードも(笑)

次に原材料名を見たら、チョコレートとは書いていません。

「カカオニブ」とあります。

それがあのナッツ状のものかと合点し、ネットで調べてみました。

私は全く知りませんでしたが、

焙煎したカカオ豆の外皮などを取り除いて砕いたもので、

チョコレートの原料なんだと。

栄養豊富で「スーパーフード」の一つなんだそうです。

含まれる成分は、

抗酸化作用のあるポリフェノールにカテキン、

幸福感をもたらす「至福物質」のアナンダミドというもの、

食物繊維にマグネシウムなどなど。

甘みがないので、ナッツみたいにこれだけ食す人もいるみたいですね。

初耳だったアナンダミド……

ウィキペディアによると、

サンスクリット語のアーナンダ(法悦、歓喜の意)と

アミドを合わせた造語だそうです。

動物の脳とカカオ(チョコレート)に含まれる物質なのだとか。

ふーむ。

チョコミント飴のおかげで、何か物知りになりました。

それとアイスもチョコミントを選ぶようになりました。

クセになる味なんでしょうかね~

もしやアナンダミドのせい?

チョコミント飴物語、長々と失礼しました。

台風にはくれぐれも気をつけましょう!