Archive for 11月 20th, 2019

第3回JAL折り紙ヒコーキ全国大会オホーツク予選参戦記

10日の日曜日、サン・ライフ北見で、第3回JAL折り紙ヒコーキ全国大会オホーツク予選がありましたので元気よく参加してきました。

一昨年から開催されたこの大会、第一回全国大会の小学生以下の部は、このオホーツク予選から出場した美幌の小学生が優勝しました。滞空時間を競うのですが、記録は14秒75で大人も顔負けの記録です。

一度、参加してみたいと思い、エントリーしましたが定員いっぱいの90人が参加しました。

今回は折り紙ヒコーキ協会会長の戸田拓夫さんが北見にいらっしゃいました。戸田さんは札幌ドームで飛ばした折り紙ヒコーキで29秒以上というギネス記録をもっている方です。

まず規定の紙で折り方教室がありました。折るのは、その会長がギネス記録を出した、スカイキングという種類です。いちばんよく飛ぶそうですが、何回も折ったり戻したり、バランスや折り目がうまくいかないとならないので大人でも折るのがたいへんでした。

それを少し後ろをそらしたり、長く飛ぶよう横回転するようにしたり、微妙な調整があるようでした。

私はまったくわからないのでぶっつけ本番!! あわれ、2.85秒と3秒にも届かずあえなく予選落ちしてしまいました。

でも小さな子どもから大人まで楽しそうで、また、いろいろ奥が深い競技のようです。誰でもすぐできるので、これはおすすめの大会ですね。

新聞記事にもなってましたが、優勝者は14秒44でした。ここまで飛ぶとほんとにゆうゆうと飛ぶ紙ヒコーキが気持ちよさそうでした。

決勝戦で対空時間を計測している模様。わかりにくいかもしれませんが、赤丸の中が紙ヒコーキです。ここまで来るひとのヒコーキはとゆうゆうと飛びます

私の作った紙ヒコーキと記録証。あっという間に予選は終わりました