Archive for 1月 2nd, 2020

2020年の始まりです!

 
皆さま、明けましておめでとうございます。千葉(有美)です!

2020年を迎え皆さんどんなお正月をお過ごしですか?

私のお正月は・・・というか、年越しからの予定として、昨年中に計画していた「今年の目標」のひとつとして

「ご来光登山」を計画しておりましので、年越しは、

さらっと年越し蕎麦にお刺身、ちょっとしたオツマミに少量のお酒を頂き「ガキ使」も「紅白」もそこそこに

22時前には就寝。新年1時半に起床。身支度を済ませて茨木県は筑波山へ出発です。

・・・・・・・・・・・

◆筑波山  標高877m
日本の関東地方にあり、筑波神社の境内地、西側に「男体山 標高871m、東側に女体山 標高877m」からなる山
・・・・・・・・・・・

2時間近く車を走らせ、6時40分の日のご来光に目指し、4時に登山口出発です。

登山はまだまだ初心者の私、去年の10年越しの夏の富士登山を達成したものだから、日本一高い山を登れたのだから

余裕でしょ!と、真っ暗で足元おぼつかない中、意気揚々と歩き始める。

はい~、夏の明るい山道と、暗闇の山道・・・なんてことでしょう大変・・・

ライトを用意していったものの、一部だけ明るい足元と全体的に視野の確保ができるのとは

こんなにも精神的にも違うのか!?と、改めて感じました。たかが1000m以下の山でも、

岩場が多く一歩の段差の高さがあり、私の大殿筋と大腿四頭筋、そして踏み始めが右側なので、右股関節が

なかなかの疲労度アップ。

暗いと足元ばかり見てしまうので、先に歩いている夫は頭上に張り出ていた岩に頭激突し後ろに転倒。

このまま滑落するんではないかと思うほどの箇所もあり、巻き沿いくってはたまらないと、距離間とって歩を進め

夫の身の安全よりも自分の安全を考えてしまったのは内緒・・・(笑)

・・・・・・・・・・

いくら北海道と違って暖かい本州でも、登り始めてすぐに体はポカポカ、気が付くと汗だくで額から

汗が流れ落ち、登るにつれウェアを1枚脱ぎ2枚脱ぎ、登頂時には総着替え。

筑波山はケーブルカーやロープ―ウェイあるので、山頂はご来光を観られる方でごった返し状態。

そんな中でも極力ご来光を観られるところでスタンバイし。ありがた~い、光を煌々と体全体で浴び

新年を迎えることができました。

と、そんな感動を噛みしめた瞬間から放射冷却により、ぐっと気温が下がり寒いのなんのって

早く下山、下山・・・北見に比べれば「今日は暖かいね~」と会話がされるマイナス4度なんですけどね・・・

・・・・・・・・・・・・・・

無事にご来光登山を達成し、お昼に家路につき、作っておいたお節をお皿に盛り付け

お雑煮と共に酒盛りスタート!

今年のお節も、やはり安定の旨煮がメイン。でも一番作っていて上達したのが「黒豆」。

毎年、何かしら味が安定しなっかたり、皮がしわしわだったりと悪戦苦闘していましたが

今年のは上手にふっくらと艶々に仕上がりました。息子にも褒められ、黒豆好きな夫にもキムタク風に(風ね。あくまでも風ね・・(笑))

指立てられて「三ツ星」頂きました。苦笑いの私・・・。

・・・・・・・・・・・・

と、元旦を過ごしました。

何気に良きお正月、幸先の良い新年のように感じますが・・・

登山寸前に立ち寄ったコンビニの駐車場で、トレッキングシューズの紐が左右のかける金具に引っかかり

歩幅とれず派手に転倒・・・夫曰く「いきなり視界から消えたからどうした?」だったそう。

左、手のひら強打撲、右、中指爪下1cm角大、持っていた財布を意地でも離さず、アスファルトで剥ぎ取ってしまい痛みマックス。

もちろん、左膝も強打し登山前から怪我するという情けない失態・・・

コンビニで食料購入のはずが・・・「あ~コンビニって何でも売っていて良かった~」とカットバン購入。

痛みを堪え、登頂できたことに、山頂の神社で感謝を伝え「良き1年の始まり!」ということで!

・・・・・・・・・・・

はい!と、いろんなお正月がありますが、

皆様にとっても素敵な1年になりますように!

今年も「どうしん情報紙みんと」を宜しくお願いいたします!