Archive for 1月 17th, 2020

紙幣の人物

おはようございます。金曜日(さ)です。

「雪、少ないよね」

「こんなこと、なかったよね」

「雪かきしなくて済むのは助かるけど…」

「何か…気持ち悪いよね」

北見市民の最近の会話です。

TVニュースでは、畑が雪に覆われないため、

土の凍結などにより農業に被害がでるのではと心配されてます。

雪どころか雨も降らないので、「水不足」は大丈夫なんだろうか、とフト思いました。

雪かきしないと運動不足にもなりますよね。

でも、外は最高気温も氷点下の真冬日で、散歩するには寒いし…。

体育館へ行く、スーパーを歩き回る、室内で体操、

家の掃除(特に拭き掃除が効く!あまりやらないけど!)など

工夫したいですね。

* * *

今日は「みんと」が発行になりました。

私が担当する「手書きで挑戦・漢字クイズ」も1カ月ぶりに掲載です。

コメント欄にも載せましたが

「額に入った紙幣のコレクション」というのがあるんですね。

知らなかったのでグーグルで画像検索して見てみましたら、

ほえー!となりました。

ステキですよ♪

知らせてくれた読者さん、これが家にあるなんて…

文字通り、お宝ですね!

飾っておくのは怖いかな。

時々出してみて、ふふふ…がいいかな。

私個人的には伊藤博文の千円札を見たときに

「きれい!」と思った記憶があります。

急に多色刷りになったような…(トシバレル)。

コメント欄に書いた神功(じんぐう)皇后の紙幣のデザインは

「神功皇后 お札」で画像検索してみてください。

洋風グラマー美魔女で驚きますよ。

明治政府に雇われたイタリア人画家キヨッソーネが描いたものだそうです。

ウィキペディアによると、

キヨッソーネは大蔵省紙幣局の女子職員をモデルに描いたとのこと。

「紙幣デザインが変わる」という突然のニュースがあったのは、

昨年4月のこと。

新元号の発表、新紙幣の発表と続きましたね。

2024年の上半期をメドに、表面の肖像が変わると。

1万円札:福沢諭吉→渋沢栄一

5千円札:樋口一葉→津田梅子

千円札:野口英世→北里柴三郎

このニュースに伴って、「大隈重信じゃないのか」という反応があったと

いうネット記事が印象に残っています。

福沢諭吉→慶応大学創始者、大隈重信→早稲田大学創始者

ということもあり、早稲田大学関係と出身地の佐賀県を

中心に期待されていたようなんです。

そこで、このクイズの答えを見ていただくと…

ガッテンしていただけますか?

皆が大好き「お札」のトリビア話は尽きませんが、このへんで。

興味のある方は、国立印刷局のHPなどを読んでみてね。

***

お正月の東京土産。

まだ1月なのでぎりぎりセーフかな?

令和の初春

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和の初春2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和の初春3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽田空港でおなじみ「ねんりん家」のバウムクーヘンですが、

年末年始の期間限定品です。

「令和」という元号の出典が

万葉集「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は(以下略)」

と発表された時から考案してきたのかな?と思いつつ、

美味しくいただきました。

ちなみに、ピンクの部分は苺味?と思ったら、桜風味でした!

他にも「令和」と名付けられた記念スイーツは

全国でたくさん発売されたようです。

ではまた。長々読んでくださってありがとう!