季節の行事。


恵方巻って、いつごろどこで生まれ、
いつぐらいから全国的に食べられるようになったのでしょうか。

起源や発祥は諸説ありますが、
恵方巻が全国に広がった理由は、
平成に入ってからのコンビニの販売戦略だと言われています。

まぁ、イベント好きな日本人のこと、
全国的な広がりまでそう時間を要すことはなかったのですね。

恵方を向いて黙々と海苔巻きを食するのは
画的にちょっとユニークですよね。

太巻きをむしゃむしゃ食べるのは厳しめなので、
自分で細まきを作ってみました。

具材はレタスとチャイチキ!

函館方面に明るいかたならご存知かもしれませんね、
ラッキーピエロの名物チャイニーズチキンバーガー。
派生でチャイニーズチキン弁当もありますが、
カラッと揚がったチキンに、甘辛すっぱいタレが絡み、
マイルドなマヨネーズによく合う一品です。

さすがにこれだけを買いに道南まで行くわけにはいかないので、
味を思い出しながら再現してみました。

まぁ、いつもの塩から揚げを
醤油、みりん、三温糖、酒、黒酢を煮立てたタレにからめただけですけど。

海苔の上にうすーく酢飯を載せ、
レタスを散らして、ザクザクカットしたから揚げをのっけて、
マヨネーズをかけたら巻き巻き。

良い感じの恵方巻ができました。

美味しすぎて3本食べたのはないしょ。