Archive for 2月 22nd, 2020

目から鱗な発見!眉の描き方

こんにちは、(榛)です。

令和2年(2020年)2月22日と2並びの今日です。

なんだかニンマリしてしまいますね^^

 

 

さて、昨日2/21号のみんとの特集は

「プロに教わる大人のためのメーク術」と題して

北見市内でメーキャップアーティストとして活躍する方に

ベースメークについてアドバイスをいただきご紹介しました。

ぜひ紙面をご覧ください。

 

取材時にまず言われたことが「メークを変えない人が多い」ということ。

確かに!私もそうです。

なんとなく購入して肌に合ったら(と思ったら)、次も同じものを買ってしまうし

使い方(塗り方)もいつだったかのファッション誌を参考にしてそのまま・・・。

 

お洋服の流行は気にするのに、メークは当時のまま止まっている。

そんなお話から始まり、目から鱗な発見をたくさんして帰ってきました。

 

 

年齢を重ねた肌のベースメーク(肌づくり)はファンデーション任せにせず、

「下地」や「ハイライト」などを活用することが重要であること。

 

最近のものは、光を利用して、より立体的なおかつツヤのある肌に

仕上げてくれるものが主流。悩みごとに専用のものを使い分けること。

などたくさんアドバイスいただきました。

紙面を参考に、メークで若々しさを演出してみませんか。

 

*私が最も目から鱗だったこと*

それは眉毛の描き方。

下のイラストを比べてください。

 

イラストを担当した(じ)も私と同年代の女性。

私のリクエストに応えて描いた眉はこちらです。

眉の毛流れ(かつてのイメージ)

 

 

 

 

 

掲載にあたり、プロのご指摘で修正したのがこちら。紙面もこちらです。

眉の毛流れ

 

 

 

 

 

なんと!眉毛の流れは、今は上向きが一般的なんだそうです!

半信半疑で思わず、私よりひとまわり以上若い女性に聞いたところ

「上向きにって教わったよ!」との回答。ぎょぎょぎょ!

時代の変化についていけてなかった・・・。

 

プロ曰く、「眉毛を上向きに整えることで顔に縦のラインが生まれ

表情も上向きに引き締まる」んだそうです。

そう言われると、納得しますよね!

良いことはどんどん取り入れないと!と、さっそく私も上向きにしています。

 

眉を描く前にまず上方向にブラッシングをします。

スクリューブラシなどがあると便利だそうです。

そして、理想の形を描いてから、はみ出した毛をハサミでカット。

こうすると失敗もなく形が整います。

 

 

限られた紙面スペースということもあり

今回は、ベースメークと眉毛に絞ってご紹介しましたが

いつかポイントメークなどもご紹介できたらいいなあと思っています。

 

 

今日から3連休。

アカデミー賞作品賞を獲得した「パラサイト」が昨日から

イオンシネマ北見でも上映が始まりました。

期間が短いようなのでお早めに。