3月最後の金曜日


こんにちは。金曜日(さ)です。

東京が大変なことになっていますね。

うちも身内が住んでいるので、何かと心配しています。

現行パターンでの最後のみんとが本日、発行になりました。

さて来週4月からは金曜号のみの発行となり、

私の担当する漢字クイズは月1回になりますが、

その分パワーアップするつもりです。

今まで通りよろしくお願いします。

「手書きで」は変わりません。

クイズの当選者のお名前を発表するのも今号が最後です。

さみしい気もしますが、これも時代の流れで仕方がないですね。

* *

最後と言えば、NHK朝ドラ「スカーレット」も明日が最終回ですね。

最終回では、時が流れて武志と真奈が赤ちゃんを抱っこして工房に現れる…

そんなシーンを期待する声もネットにはあります。

新型コロナの閉塞感真っただ中だからこその期待感ですよね。

史実にある八郎の駆け落ちシーンも、ドラマでは回避されました。

あれは1月でしたか。

忖度したのかしないのか、すごくいいタイミングでしたよね。

頼みますよ、NHKさん!

さてどうでしょう。

* * *

この1週間で明るいニュースもありました。

朝乃山関が大関昇進決定と。

挨拶は「愛と正義」。含蓄あるお言葉でした。

* * * *

最後に、最近寝る前に読んでる本です。

 

〆切本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〆切本・裏表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「〆切本」左右社(2016年初版、2300円+税)

息子から「面白いよ」と貰った本。

明治の文豪から現代作家まで、〆切にまつわる悲喜こもごもが

手紙やエッセイ、漫画で綴られています。

宿題やってないときとか、身に覚えのある言い訳のオンパレード。

帯に「なぜか勇気がわいてくる」とありますが、

確かに文豪でさえこうなのね、と親しみがわきます。

可笑しくて爆笑してしまうのもあるのですが、

うまく話を盛っていて、それに私が引っかかってるだけかも?

特に横光利一「書けない原稿」。

何回も読み返しては笑ってます。

寝る前に笑うと興奮して寝つきが悪くなるかな?と思うかもしれませんが、

寝つきは大丈夫です。

では、また来週。