Archive for 4月 15th, 2020

「ナンバ歩き」で常呂川堤防ウォーキング

まだまだ気を抜けない状況が続きます。みなさん、手洗い、うがいなど怠りなく気を付けてくださいね。

家の中にいると運動不足が気になってきます。日曜日は天気がよかったので、三密を避けられる運動として堤防ウォーキングに出かけました。

桜町あたりの河川敷。香りゃんせ公園にまだ少し雪が残ります

いままで雪で閉ざされていましたが、もうすっかり春景色です。常呂川、無加川沿いの風景は私のお気に入りです。広くて青い空、雪の残る低い山のコントラストがこの日は見事でした。ちらほらウォーキングやランニングをしている人たちもいました。

ところで「ナンバ歩き」を心掛けているのですが、皆さん、知っていますか?

通常、ウォーキングというと、腕を大きく振って、大股にかかとから着地とから教えられませんか? 腕と足は逆になります。でもこれはとても不自然な動きなんです。

「ナンバ歩き」とは、できるだけ上体のねじりは抑えて、前に重心を踏み出す歩き方で、日本古来の自然な歩き方なんです。能や歌舞伎の役者さんたちは、すり足で上下動せずに見事に歩きますよね。あれが「ナンバ歩き」になります。

いわゆる「ウォーキング」は、軍隊の行進から発生して、見ていて躍動感を与えるためのものです。でも、これは走っている時の体の使い方であって、歩く時は効率が悪く、筋力を余計に使います。

地面をキックせず、自然な体重移動で前に前に進むので、長い距離を歩いても疲労が少なく、とくに山登りには最適です。手は動かさないわけではなくて、足が前に出る前にちょっとこぶしを上に振るようなタイミングでしょうか。

覚えるのはちょっと練習がいりますが、ミズノのホームページで、上野正文さんという人が解説していますので興味のある方はどうぞ。

【ミズノホームページ】↓

https://www.mizuno.jp/walking/learn/namba/

, , , ,