Archive for 8月 1st, 2020

×コロナ渦 〇コロナ禍

こんにちは。8月1日土曜日(さ)です。

コロナコロナで1年の半分以上が過ぎましたね。

昨夜、NHK「ニュースウオッチ9」を見ていたら、

画面に「コロナ渦」の文字。「うず」になってます!

2年前まで「みんと」に言の葉ミニレッスンというコーナーがあって担当していました。

もしこのコーナーがまだあれば、きっと取り上げたであろう「コロナ禍」。

僭越ながら、調べたことをこの場をお借りして書いてみます。

* * *

今年3月ごろから「コロナ禍」という新語が目立つようになり、

それに伴い「禍」が「渦」や「鍋」になっている誤記が目立ちます。

「禍」は音読み「カ」、訓読みは「わざわい」です。

入力するときは「わざわい」と打てば「禍」と出るでしょう。

「戦禍」「舌禍」などの熟語を作り、「台風禍」「集中豪雨禍」「ウィルス禍」という

使われ方もします。

「禍福は糾える縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし)」

ということわざもありますね。

人生をより合わせた縄にたとえて、幸福と不幸は順番にやってくるものだという意味です。

「渦(うず)」「鍋(なべ)」「蝸(かたつむり)」、全部音読みは

「カ」ですので、注意が必要です。

特に「渦」は「渦中」という言葉が

「うずまきの中。転じて、事件の混乱したさわぎの中」

という意味なので、「コロナ渦」でもいいような気に…。

「うず」ではなく、「わざわい」です。注意しましょう。

発音は同じですが、「コロナ下」という別の言葉もありますね。

この場合の「下」は、「支配下」「インフレ下」など

名詞について、そういう状態の中にいるという意味を表します。

* * *

NHKまで間違うの?と思っていたら、あとで和久田アナが

「お詫び」をしていました。

×コロナ渦

〇コロナ禍

* * *

 

うな重

 

 

 

 

 

 

 

 

先月、土用の丑の日にテイクアウトしたトリトンの「うな重」。

山椒をかけて、美味しくいただきました。