美里洞窟探検記


私が縄文好きだということは、常々公言していたところですが、本当に北見、オホーツクには本格的な遺跡が多いです。

コロナで審査が遅れているようですが、世界遺産に申請中の北海道・北東北の縄文遺跡群に、ひとつも入っていないのが、今からでも異議を唱えたいくらいです。

シブノツナイ遺跡のように、とても規模の大きなものがそのまま残っていたり、時代も旧石器から縄文、擦文、アイヌ文化期に、オホーツク文化まで実に多彩なんです。

その中でも、この間、気になっていた、北見市美里洞窟に行ってきました。

道道7号線を北上し、途中、上仁頃への道を左に曲がって、美里の集落に向かいます。途中、道が細くなり、それこそ、ぽつんと一軒家状態になったので、車を止められそうな場所に置いて徒歩で向かうことにしました。

洞窟は、仁頃山の中腹にありますが、通常の上り口とは違って、東側の沢沿いを上っていきます。上りはぜんぜん大したことないのですが、熊が出そうな雰囲気がありありで、熊鈴をりんりん鳴らしながら歩いていきました。

農地がまだあるところくらいから歩いているのですが、結構距離があります。40分くらい歩いて、ようやく洞窟への案内板にたどり着きました。道は細いのですが、行き会う場所もちょこちょこあって、入口には車2~3台くらい止められそうでした。まあ、トレッキング代わりだからいいか。

そこから、沢を渡る橋を渡り、結構急な山道でしたが、2~3分で洞窟にたどり着きました。

入口を見ると、立派な洞窟です。説明板を読むと、この洞窟は北海道で最初に発見された鍾乳洞だそうです。残念ながら、鍾乳石はすでに折られてしまってありませんでしたが、中をちょっとのぞくとちょっとしたくぼみがあって、2LDKといった感じでした。ただ、入口からは確認できませんでしたが、中はさらに11メートルくらいの奥行きがあるようです。

ここを古代人たちは、狩猟のキャンプ地として使っていたようです。中からは、縄文時代や、アイヌ文化期、中には旧石器時代と思われる遺物が出土しているようです。

この日は暑い日だったのですが、洞窟の中はひんやりと涼しく、縄文人たちなどが寝泊りに使ったのもよく理解できました。

そう言えば、今日(9月16日)の道新朝刊に、伊達・北黄金貝塚で世界遺産登録の審査が再開されたとの記事が載っていました。北海道・北東北縄文遺跡が世界遺産に登録されれば、ここは指定遺跡ではありませんが、来る人も増えてくるのかもしれませんね。

車でも洞窟までは急な山道ですし、虫もすごかったので足元、虫よけを準備して行ってみてはいかがでしょうか。

急な登りの上に洞窟はありました。案内板の下には記帳ノートもありました

結構、本格的な洞窟です。入口からの見た目より奥が深いようですが、洞窟探検は今回、遠慮しました

 

, , ,