「正しい言葉遣い」と「ひめかみ」


こんにちは。土曜日、(さ)です。

昨日の(榛)のブログに、昨日発行のみんとが第3333号だったとあります。

いつもは気にしないのに、これは配布されて、

日付を確認した時に目に入りました。

「3」は日本人にとって縁起がいい数字。

ネット上のスピリチュアルなサイトには

「幸運を運ぶ数字でもある3を1日に何度も目にしたら、

あなたにまもなく幸運が訪れるかもしれません」

と書いてありますよ。

「…かもしれません」だけど、楽しみですね!

それと同じく(榛)の昨日の写真「紅葉と緑色のコントラストは今だけ」が

きれいだなあ、よく撮れてるなあと思って見ていました。

北見市内の石北大通りですよね?

正方形に切り取ってあるのがまたセンスいい感じ。

***

そんなことを昨日考えていて、今朝起きがけに見た夢。

(榛)の昨日の写真がなぜ正方形なのか?

それは、みんと発行3333号にちなんで、

3センチ四方にしたからなのだという解。

ガッテンして目が覚めたら、朝の光がパーッと差し込んでいました。

どうなんですか?(榛)さん。合ってます?

* * *

正しい言葉遣い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日発行のみんとで、

新刊「正しい言葉遣い――美しい日本語を話したい人のために」を紹介しました。

著者の末岡実さんはフェリス女学院大学名誉教授。

実は、教授時代から「みんと」ゆかりの先生なんです。

かつて、みんとに「言の葉ミニレッスン」というコーナーがありました。

私が担当でしたが、その連載をまとめた「言の葉レッスン帖(海苑社・2006年)」

という本の監修をしてくださったのが末岡先生でした。

2017年には「正しい敬語」、そして今回の「正しい言葉遣い」、

言葉に対する感度を上げたい方にはおすすめの本です!

この本を読んだ後、ネットニュースなどを読むと、

「喝を入れる」など×な表現がパッと目に入るようになりますよ。

(自戒を込めて)

新刊の方には索引が付いているので、手元に置いて辞書的に使うこともできます。

本書は阿部出版発行です。

美術書の出版で有名な出版社が出した一般書なので、

本のつくりが美しく、その意味でも

手元に置いておきたい本になると思います。

* * *

篠根農園

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もこの季節!

篠根果樹園(北見市昭和)さんに行ってきました。

篠根農園アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「紅つがる」を目当てに行ったのですが、

試食させてもらって迷った末、買ったのはこちら。

採りたてという「ひめかみ」です。

 

ひめかみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふじと紅玉を掛け合わせた品種で、生産量の少ない希少品種だそうです。

紅玉らしい真っ赤な色、切ると蜜入り。

噛めば「ふじ」の食感で、甘くて酸っぱいリンゴの味が濃いんです。

6個入り千円。北見プレミアム付き商品券が使えました。

オホーツク地方はしばらく好天に恵まれそう。

皆さんもよかったらどうぞ!