Archive for 11月 4th, 2020

アルゴグラフィックス北見カーリングホール

先週はカーリングフォーラムの話題でしたが、実は同日、出演者の方々とアルゴグラフィックス北見カーリングホールを見学していました。

写真撮影はオーケーだったのですが、SNSなどへのアップは31日のオープン後にしてください、ということだったのでここでご紹介します。

いや~、思っていたより素晴らしいホールでした。まずエントランスが素敵。思ったより広くて観客席がないホールなんですが、観戦には十分だと思いました。椅子やテーブル、欄間(どこにあるかは行った時探してみてください)、木製で温かさを演出していますし、さり気なくクッションはカーリングストーンでした。

またホールは立派なだけではなくて、研究施設としても充実しています。1シートには天井にレーンが這わせてあって、ストーントラッキングシステムやモーションキャプチャー、足圧測定システムなど全部で10のシステムが組み込まれているそうです。このシステムを使ってストーンの動きやカーリング戦術などの研究が北見工業大学によって行われ、情報は選手にもフィードバックされるそうです。

中には会議室、研究室、ロッカールームやトレーニングルームまであって、これはカーリングの聖地になると予感させました。

もちろん一般利用もできますし、用具も貸し出してくれるのでカーリングをやったことがない人もこの機会に初めてはいかがでしょうか。カーリングの街と言われて、もうカーリングしたことありません、北見市民としては言えなくなるのかもしれませんね。

北見テクノパークにできた、北見の新名所、アルゴグラフィックス北見カーリングホール

新ホールのカーリングシート。右のシートが研究用シートになります

意外と広いエントランスホール。木をふんだんに使った調度品が暖かさを演出してます

,